青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
大林組(リニア)、PEZY(スパコン)と国民生活
0

    国のトップを始めとする政治家や役人が私腹を肥やすために結託する相手と言えば「大企業」と相場が決まっている。そしてその「大企業の不正の実態」が次々と明らかになっている。取り分け公共工事、公共プロジェクトをめぐる不正では本来「国民に還元されるべき税金」が不当に関連企業に持ち去られ、それを可能とするためには(裏で)それに加担した政治家や役人個人の懐を潤す(キックバックという)仕組みが必ず存在すると見て間違いない。(タダでリスクを負う者などいない。)

     

    つまり「国民全体の暮らしを底上げして豊かにするためのお金が、そういう使われ方をされずに(全体から見れば)ごく一部の特権的な人々に掠め取られることが常態化している」のが実態であって、それが(大企業優遇の税制と相俟って)「いつまで経っても国民生活が豊かにならない」大きな要因であるにも関わらず、何故国民が怒りを感じて声を上げないのか?それには2つの理由があると思われる。

     

    ○ テレビや新聞がたとえ「血税」という言葉は用いても、被害を矮小化して「(被害者である)国民生活への影響」を明確に伝えようとしないため。何故なら所詮は大手マスコミも「大企業」の側だから。

    ○ 政治家や役人、大企業を引っくるめて「勝組」と認識するように多くの国民がマインドコントロールされているから。子供の頃から「悔しかったら勝組になれ!」の如く善悪を超越?した刷り込みが行われることで、全て「勝ち負け」でしか物事を測れなくなっている。

     

    つまり「競争に勝つこと」をことさら善化、美化するのは、権力者(=勝者)が特権を大手を振って行使しするための地ならし的な意味でしか無く、事実上「善悪の判断力」が鈍化する。本当に善であり美しいのは「自分のずるさに勝つ」こと以外に有り得ない。(奇しくも「社会の不正」がそれを証明している。)

     

     

    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 11:26 | comments(0) | - |
    「富岡八幡宮」の件は、過去記事で警告済みにて
    0

      世の中では「起こるべくして起こる事が現実に起きている」感があります。私自身がそれを望んでいる訳では決して有りませんが、気付くのが遅れるとやはり避けきれない、防ぎきれないものが有るということでしょう。

      しかしそれは同時に「気付けば間に合う」という意味でもあることを、どうか忘れないで下さい。

       

      以下は当ブログの「神社」に関する過去記事ですが、多分に「霊的考察」を含んでいるため、興味の無い方にとっては参考にならないかも知れませんが、あくまでも関心をお持ちの方々の(霊的)理解の一助とさせて頂ければ幸いです。

       

      「神社」に関する過去記事はこちら→ http://blg-hal-kursk.jugem.jp/?search=%BF%C0%BC%D2

       

      尚、当ブログではカレンダー下の「ブログ内検索」を使って、任意のキーワードで目的の記事を探すことも出来ます。(例えば“教育基本法”“マインドコントロール”“人間性”など)

      | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 08:46 | comments(0) | - |
      「政教分離」について
      0

        ※「政教分離」の詳細な意味や歴史的経緯等については、ネット上にも多数の記述が存在するので各自でお調べ頂ければと思います。

         

        近代の自由主義諸国に於いては当たり前の如く採用されている「政教分離」は、日本に於いても憲法で厳格に規定されている通り「政治上の大原則」とされていますが、それは別段「信教(=目に見えないものを信ずる事)」に価値が無いと言う意味ではなく、むしろ歴史上あらゆる地域と時代で長期にわたって用いられてきた「祭政一致」によって生じるところの「(歴史的結果としての)不条理」を戒める意味合いのものと考えて良いと思います。(それらは数々の宗教弾圧、民族的対立、権力者の横暴、果ては国家的暴挙などを生み出し、我が国では戦前の「国家神道」が戦争への道筋を加速させてしまったとされる苦い経験があります。)

         

        では何故「祭政一致=不条理」という構図に陥りやすいのでしょうか?それは一重に「権力者(側)の意図や都合が論理性の有無よりも優先されやすい」からに他なりません。では何故そうなりやすいと言えるのでしょう?それは(信教的見地の特徴とも言える)「目に見えないものを根拠として物事を決断、決定することを憚(はばか)らない」傾向があるからと言って良く、またそうしたある種の「優越性」が発揮されなければ、そもそも「信教」を盾に取る意味が有りません。(ですからかなりの確率でそのような事が起こります。)

        こうしたケースに於いては論理(というよりも合理性)を謂わば「超越」した(目に見えない)見地と決断が果たして「正しいか否か」が全てと言っても過言では有りませんが、歴史的な評価の結論として「不条理なもの」と見做される事には、実際一理も二理もあると言えるでしょう。

         

        ところで「政教分離」を肯定した時点で、私たちは(少なくとも政治的、公的な場に於いては)「目に見えない要素(勘や閃き、或いは御託宣や占い、特定の宗教的教義など)」を根拠として自らの主張を展開する訳には行かなくなります。しかし一方で各自の「信教の自由」は憲法によって保障されている訳ですから、そうした部分に根ざした「信念や信条」があって然るべきとも思われます。そうした場合、もし良いと信じるものを「政治的、公的な場」に反映させたい(=社会を良くして行きたい)と願った際には、どうすれば良いのでしょう。また何が出来るのでしょう。

         

        例えば私自身の事を言うなら、別に日頃からあちらこちらで「霊的、霊的」などと連呼している訳ではなく、そればかりか私が「霊的に重きを置いている」事さえも知らない人が大半だと思いますが、もちろんそれで何ら不自由を感じる事も無ければ、やりにくさを感じる事も有りません。それは何故かと言えば「霊的」は、私に取って掛け替えのないバックグラウンドではあっても(この世に於いては)私自身を証明する手立てではないからです。

        例えば人間には「良心」が有り「人間性」が有り、倫理や道理を理解するための「論理性」が備わっており、それらの要素が渾然一体となって最終的に「品格を備えた人格」が形成されることになります。それは言い換えれば「霊的要素がこの世にマッチングするために形を変えたもの」に他ならず、であるなら「それで十分」ということになります。

         

        つまり「真っ当な人間」であれば「祭政一致」であろうが「政教分離」であろうが、やること、出来ることは殆ど同じと考えて良い訳で、故に敢えてここで「政教分離」を選択する理由が「真っ当でない人々や団体」が宗教の名の下に不当に流入して政治に介入する事を防ぐ目的にあるのは明らかでしょう。

        しかしだからと言って「全く宗教の政治介入が無いか」と言うとそんなことはなく、そうなれば今度は選挙時の資金力や集票力という形で絡んで来ることになりますが、これとて「真っ当な人間力」があればそんなことに血道を上げる必要もないはずですので、金集めに熱心であれば有るほど逆に「ここは怪しい」とする目安となるはずです。

         

        何れにせよ、まだ当分の間は「政教分離」が必要とされることでしょう。(出来れば「政金分離」もお願いしたい!)

        | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 10:35 | comments(0) | - |
        瓦解、崩壊の本質は「人としての体裁を失うこと」
        0

          それは言葉を換えれば「人が人たる由縁を失うこと」と言っても良いかも知れない。言って置くが(霊的には)「人」とは「人の形をした生き物」の事では無く、正しくは「人の心を有し、それが機能する状態の者」と言える。「人の心が機能する」とは「人らしい心が通い合える状態」を指し、当然のことながらそこには知的障害や発育障害、(昏睡状態を含む)物理的な機能障害を有した人々も含まれるので誤解、曲解のの余地はないと思う。

           

          もっとも霊的にはこのような煩雑な説明は不要で、それは単に「霊魂が肉体を制御する能力を失った状態」に過ぎず、そうなればその肉体は「内部の自我霊、想像霊、或いは外部からの憑依霊」などの意のままに翻弄されるしかなく、その事自体が「人としての(霊的な)存在意義の喪失」を意味し、従ってその人間の向かう先は「自滅」でしか有り得ないということになる。

           

          因みに世の中には「様々な価値観や考え方が(横並びに)在って然るべき」という人間観、社会観も存在するが、霊魂の世界(=霊界)ではこの「価値観や考え方」は全て上下方向の「縦並び」に配置されており、事実上「優劣判定の対象」でしかない。何故なら、それ自体が「霊魂の肉体制御能力に直結」するものだからだ。

           

          例えば世の中では「自己中心」な物の考え方を持っているからと言って、それが露骨に他人に迷惑を及ぼさない限り、必ずしも「劣っている」という評価とはならないが、霊的には「肉体制御能力に著しく悪影響が生じるもの」として、そうしたいわゆる「内面的な不備」さえも厳しい評価の対象とならざるを得ない。何故なら前述した通り、霊魂にとって「肉体を制御する能力を失う」ことは、文字通り「致命的」であり、それは「人が人でなくなる」ことを意味するからだ。

           

          直近のニュースでは「男性に対してストーカー行為を繰り返した女が逮捕された」との事だが、伝えられた供述の内容を信じる限り「妄想(=架空のイメージ)」に支配されていることが判る。これでは「霊魂が肉体を制御出来ている」とは到底言えず、むしろ「何ものかに操られている」という」イメージの方がはるかに受け入れやすいのではないか。

          もっと顕著な例では「岩泉町の町長が早朝に女性記者の宿泊先へ押しかけ、無理やり抱きつきキスをした」とされる事件で、町長自身が「わいせつ目的ではなく、女性を助けなければという幻聴や幻覚によるもの」と説明しているが、もし救助目的ならばまずホテル側に協力を要請するのが合理的で、単独行動自体が常軌を逸していると言わざるを得ず、すでにまともな人間の体を為していない。

           

          世の中ではこうした「人間の異常性」に対し、様々な理由付けが為されるのが常かも知れないが、霊界では単なる「制御能力の喪失」と見做され、相応の結果(=自滅行為)がもたらされる事となる。もしそれが何らかの「組織」という規模で頻発するようであれば結果的に「組織の崩壊」がもたらされるだけの事だ。よく「組織が腐っている」などと表現することがあるが、その意味は「相当数の構成員が自滅行為を行っている組織」ということに他ならず、構成員の人間的崩壊→組織の崩壊という図式となる。(自浄力が働かないとはそういうことだ。)

           

          今後も場所を選ばず、そうした人々の「自滅の光景」を目にすることが益々多くなり、やがては珍しくも無くなるに違いないが、そうした中では逆に「本物」が輝きを増すのかも知れない。ならばそれを見逃さないようにしたいものだ。それこそが今のこの時代の「宝物」に相違ない。

          | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 10:24 | comments(0) | - |
          あらゆる事件は全て繋がっている?
          0

            富岡八幡宮の女性宮司が日本刀で斬り殺されたなどという、ショッキングなニュースが世間を騒がせているが、その予兆はすでに5ヶ月も前の以下の記事にて窺い知る事が出来る。

            外部リンク(週刊ダイヤモンド)→ http://diamond.jp/articles/-/134148

            何とそこには大きく『瓦解する神社』の文字と『神社本庁「恐怖政治」の実態、地方の大神社で全面戦争も』という見出しが付けられている。(清廉を好む神様がそのような界隈に関われない位の事は理解しましょう。)

             

            また群馬ではパトロール中の警察官が立ち寄り先のコンビニのトイレに実弾入りの拳銃を置き忘れる事件が起き、熊本では県道を走る自衛隊のトラックが道路脇から転落して実弾42万発が散乱したとの事で、こちらは隊員に死者も出ており気の毒とは思うが、こうした事案の一つひとつを何気なく見過ごす訳には行かない。と言うのも、同様の状況で拳銃が自動小銃やライフルに、積荷の小銃弾がミサイルやロケット弾である可能性も有り得るからだ。その意味では沖縄の保育園に落ちたヘリコプターからの落下物の件は、更に深刻と言える。

             

            これらの事件は一見互いに何の関わりも無いように思えるが、実は根っこの部分で繋がっていて、それさえ無ければ「起き得ないこと」と言って良いだろう。

            これについては、いみじくもノーベル文学賞作家のカズオ・イシグロ氏も述べている様に「国家の分断、人々の分断」こそが要因と見て間違いない。

            何故なら「分断」とは言い換えれば「エゴイズムに逸(はや)る心」そのものであり、それは「競争社会」によって容易にもたらされるものだからだ。

             

            「神社本庁がエゴイズム?」と違和感をお持ちの方は、ご自分で得心の行くよう調べられたら良いし、私自身は警察官や自衛官、米軍兵士の個々人を決して「エゴイズムの塊」と見ている訳ではない。

            ただ今も世界のどこかで(強い圧力を以って)発信され続けている「競争社会への誘(いざな)い」がまたたく間に世界中を覆い尽くし、(政府の繰り出す様々な政策を以って)日本の個々人にまで浸透した結果何が起きるかと言えば、人々がみな「何かに追われる感覚に苛まされる様になる」ということは事実で、そうした精神状態の下では「実際何が起きても不思議ではない」ということだ。そうなれば最早、公務員も民間人も関係なく本来の職責を全うする事など不可能に近いだろう。(総理大臣然り、国税庁長官然り、刑事局長然りだ。)

             

            そのような認識を持てるか否かが誰彼問わず、今後自らの将来を決定付ける事となるでしょう。

            | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 11:22 | comments(0) | - |
            NHKと最高裁の悲し過ぎる面々
            0

              これは「偏向報道に不満がある」などとしてNHKとの契約締結(=受信料の支払い)を拒否してきた男性がNHKから裁判を起こされ、最高裁がNHKの主張を認め男性に「契約締結及び受信料の支払い」を命じる判決を下したという話だ。

              参考記事はこちら→ https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20171207-00078964/

               

              ここには(本来ならば)2つの論点がある。即ち男性の支払い拒否の理由である「偏向報道」の有無と、「放送法64条に規定された支払い義務」の強制力の有無の2つである。何故ならそもそも「支払い義務発生の根拠こそが偏向報道の回避目的」にあるからで、偏向報道のもとでの支払い義務自体が法の精神にもとる事は明白だからだ。その事は67年前から下記の「放送法の目的」に明記されている。

               


              第一条 この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
              一 放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
              二 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
              三 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

               

               


               

              つまりNHKが「放送の不偏不党、真実及び自律」を実現出来ていない限り、(本来ならば)放送法を盾に受信料を徴収する資格や権利すら発生しないということで、そればかりかその事が「社会の害悪」と見做されれば(国民の総意に基づいて)解体さえ余儀なくされるかも知れない大問題なのである。

               

              一方でNHKが近年「不偏不党」とは言えない根拠は、前会長の「政府が右と言うものを左とは言えない」発言を筆頭に、ニュース番組の内容や国会中継の扱いなど、挙げ連ねれば山ほど有るだろう。

              それらの謂わば「政治がらみの放送」の占める割合は(時間的には)全番組の中では僅かかも知れないが、逆に公共放送の役割、存在意義は「政治や社会の動向を(手心を加える事なく)可能な限り正確に伝える」事に尽きると言っても過言では無く、文化や芸術、スポーツやカルチャー、娯楽などは文字通り二の次、三の次で、少なくとも公共放送ならではの役割とは言えない。何故なら、それらは(経済効果は伴っていても)国民の安全安心に直結したものとは言えず、緊急性に乏しいからである。(その証拠にひとたび大規模災害が発生すれば、それらの番組は問答無用で退けられるのが常だろう。)

               

              つまりこの件に関してはNHKは限りなく「黒」に近いのであって、それが解っているからこそNHK側も最高裁側も、それが「男性の支払い拒否の根拠」であるにも関わらず「完全無視」を決め込んでいるとすれば、人として余りにも愚かしく、悲哀を感じずにはいられない。

              因みにNHK経営委員会の人事権は国会、最高裁裁判官の人事権は内閣とされているが、安倍一強、与党圧倒的多数のもとではどちらも実質「安倍人事」と言え、そうなるとNHKと最高裁は互いに気心が通じ合っていると思われても仕方がないが、実はそのこと自体が本当は国の根幹を揺るがす大問題と言える。

               

              つまり「司法の独立性」「公共放送の独立性」共に有名無実と化している事を結果が示しているということで、だとすればいよいよ以って残された道筋は「政権交代」しかないだろう。

               

              | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 08:24 | comments(0) | - |
              義務教育をてんこ盛りにするな。
              0

                学校は何をするところかと言えば、基本的には「読み書き、そろばん」を教えるところであり、近代ではそれが「国語、算数、理科、社会」と理解されていました。義務教育が導入されているのは(民主主義のもとでは)「それ位は分かっていないと世の中で困る事になるだろう」と思われるからに他なりませんが、しかしそれでさえも、人によっては「理科や社会」に関しては「国語と算数(=読み書き、そろばん)」ほど差し迫ったものとは考えていないかも知れません。またそれぞれの教科に対しても「自分はどのレベルまで必要」といった具合に、子どもによって思い描くニーズに違いが有るかも知れません。そのように「学び」に対するスタンスは決して一律なものではなく、内面的な優先順位は人によって異なるのがむしろ自然だと思われます。

                但し「全体主義国家」であれば事情は一変し、教育に対するニーズは「国家の側」が持つ事となり、国民の側に選ぶ権利は有りません。

                 

                ところがこのところ日本は、先の「教育基本法改悪」に踏み切って以来、まさにこの「全体主義国家ばりの国家主導の教育体制」への移行が進められてきました。つまり国民(=子どもたち)に対して「ああなれ、こうなれ、ああしろ、こうしろ」といった「国家のニーズ」を前面に打ち出してきたのです。それが国のと自治体それぞれの「教育振興基本計画」には、ほぼ同じ内容でしたためられていて、そこには「世界情勢や社会のニーズに対応するため」として(一昔前なら考えられない程の)「てんこ盛り」の内容が書き連ねられています。

                資料はこちら→ http://www.mext.go.jp/a_menu/keikaku/detail/__icsFiles/afieldfile/2013/06/20/1336379_01_1.pdf

                 

                第一期、第二期と続いたこの「教育振興基本計画」のせいで、教育現場がどうなったか。

                 

                ○ 教科そのものが増えた。

                ○ 校内での教科以外の作業やイベントなどが増えた。

                ○ 校外におけるボランティア、体験学習、イベント参加などが増えた。

                ○ 学校そのものが全国や地域との優劣の比較対象とされる。(競争環境に晒される)

                ○ 教員研修が義務付けられたことで教員の負担が増した。

                 

                これらに伴う明らかな「量的負担の増加」がまず教職員と子どもたちを直撃、圧迫し、実質的に「教育の質と精度」を低下させているのは明らかで、現実に教員の時間外労働はすでに限界に近づいており、方や連絡ミスや失念などが多発し、教員の信頼性が危ぶまれる事態に直面しています。(私は現在それを直接知り得る立場に有ります。)また、そうした教職員の抱えるストレスが子どもたちに与える影響も少なからず有ることは容易に想像出来ます。

                以上のことから、こうした「現場と乖離した机上の空論」が今まさに「教育現場の疲弊、劣化」に拍車を掛けてしまっている事は明らかで、早急な教育政策の一大転換が必要とされています。

                 

                そもそも小学校教育の早い段階から「国際社会のニーズに照らした人材育成」などと、到底正気の沙汰とは思えません。(そのようなお題目でマインドコントロールしたいなら別ですが)その時期であれば取り敢えず「読み書き、そろばん」に集中した方が結果は良好なはずです。

                | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 11:14 | comments(0) | - |
                世の中の悪い事は全て「政治」に端を発している。
                0

                  世の中の悪い事は全て「政治」に端を発しているにも関わらず、国民の多くが政治に関心が薄いのは何故かと言えば、政権側が「国民がその事に気が付かない」様にあらゆる策を講じているからに過ぎない。

                  その有効な方法のひとつに、なるべく話を難しく複雑なものにして、聞く側に「自分は頭が悪いから理解が出来ないのだ」と思い込ませ、早々に政治的関与(=国民の権利、義務)から脱落させる作戦が有る。つまり「政治は頭のいい人たちに任せよう」という気風さえ定着させれば後はチョロいという訳だが、これにまんまとヤラれてしまったのが現在の標準的日本国民と言っても過言ではないと思う。

                   

                  そもそも「学歴社会」そのものが、そうした目的で作られたとまでは言わないにしても、そうした(政治参加に後ろ向きな)「一般庶民の非力感」の醸成に大いに役立ってきたことは事実だ。(東大出と言われただけで恐れ入ってしまうのが一般庶民ではないのか?)しかしこの際ハッキリ言わせてもらうが、そうした面々の多くで「受験頭」以外にさしたる取り柄もなく、感性や物の考え方にバランスを欠いていたりと、総合的に問題を抱えていることもまた事実であって、必ずしも「論理的な理解力」に長けている訳でもない事は(身内の人間を見ても)一目瞭然だ。(正しい意味に於いて「使い物にならない」事は、国会審議の役人の答弁を聞けば判る。)

                   

                  ともかく人前で「難しい話」をする人間は、自分自身が理解していないか、または人をたぶらかそうとしているかのどちらかでしか無く、そういった場合は「何を言っているのかチンプンカンプンだ」とハッキリ言って構わない。何故ならそんな腹積もりで人と相対すること自体が不謹慎で失礼で、人として間違っているからだ。

                  少なくとも人間は、自分が理解出来ている事を誠実な気持ちで相手に伝えようとする時には、必ず「解りやすい方法」で行なうはずで有り、百歩譲っても人間の営みに関わる事で(話の概要として)「複雑怪奇」なものなど有り得ないと断言出来る。(別に宇宙の創生や生命誕生のプロセスの話ではないのだから。)

                   

                  話を戻すが、小学校にまで及ぶ「学級崩壊」や、社会に蔓延する「パワハラ、過重労働」から「食料品、生活物資の値上がり」「あおり運転やご近所トラブル」に至るまで、身近な直近の問題で政治に関わりのない話など殆ど存在せず、国政、県政、市政などの違いは有っても本質的には「国政」の問題である。

                  民主主義に於いては「おかしいことはおかしい」「困っていることは困っている」と(政府に先立って)声を上げれば変わるし、声を上げなければ何も変わらない。当たり前だ。政府は「お人好し」ではないのだ。

                  | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 10:12 | comments(0) | - |
                  枝野幸男(立憲民主党代表)曰く
                  0

                    今朝のテレビ出演で枝野氏は、質問に対し以下のような主旨の発言を行った。

                     

                    ○ 日馬富士の暴行問題は「単純な傷害事件」であって、あくまでも「複雑な相撲協会の諸事情」と分けて考える必要が有る。依って「警察の捜査を優先」させる事に問題は無いと思う。

                     

                    ○ 森友問題に於いては(証拠の音声録音を認めた時点で国側は)すでに詰んでいる。従って国側の答弁は「開き直り」でしか無く、そのような事を国が行ない、押し通す事にでもなれば「日本全体のモラルが低下」するので、やめてもらいたい。

                     

                    2つとも「マスコミの印象捜査」に左右されない正論だと思う。司会の御厨貴(みくりやたかし)は一応のシナリオが有ったらしく、ちょっと苦しそうだった。彼については天皇退位に関する有識者会議に於いて政権に対する忖度が全く無かったとは言えない事から、経歴はともかく正論を100%後押し出来るような人材とは思っていない。

                     

                    今必要なのは「良くするための改革を後押し出来る人材」なのだ。

                    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 12:41 | comments(0) | - |
                    人間を「競走馬扱い」するな
                    0

                      世の中では盛んに「プロ・スポーツ」や「プロ・将棋」の世界でのプロたちの活躍を報じ、喧伝することで「競うこと=感動」などと善化、美化していますが、これらはみな「競うこと(=競争社会)」に対する抵抗感を減じさせ、「競争の場」に積極的に参加させるためのマインドコントロールとして用いられているに過ぎません。

                      スポーツや将棋自体が悪いとは言いませんが、殊更に「競うことを推奨し、勝者を褒め称える」事は「振興」という本来の目的を逸脱し、「勝利にこそ価値が有り、敗北は価値が無い」という悪しき社会通念を蔓延させる事にしかなりません。何故それが悪いかと言うと、それは必ずや「結果を出す(=勝つ)ためには何でもやる」という考え方と結び付いて行くからです。

                       

                      これは「品格や良識」と真っ向から対立する考え方と言わざるを得ません。何故なら品格も良識も共に、物事の「経過や過程」の際にこそ発揮され、際立つものだからです。このように「何でもかんでも勝負事」のような物の見方、考え方は「人格の低下」を引き起こし、方や「負組だからしょうがない」などと、自ら「格差社会」を肯定するような自暴自棄の歪んだ方向へと人々を追い込んで行くに相違有りません。何故なら「勝つ」とは、基本的にピラミッド型の順列の頂点に立つという意味とすれば、大多数の人々は(相対的に)負組になるからです。

                       

                      例えば「勝利=栄光」の代表的なものに「競走馬」が有りますが、そこで私たちが知り得るのは文字通りピラミッドの頂点に立つことの出来たほんのひと握りの馬たちの辿る栄光の道のりに過ぎません。では「勝利に無縁」の九割近くの馬たちはどうなっているのでしょうか。

                      以下に衝撃的な報告が有ります。特に2番めは生々しく、閲覧注意かも知れません。

                       

                      http://toyokeizai.net/articles/-/64607

                      https://matome.naver.jp/odai/2141004220808662101

                       

                      これらの記事を見れば明らかな様に、勝てない(と断定された)競走馬は早期に「殺処分」が基本とのことです。何故なら「役立たずの馬に莫大な維持費を掛けるバカはいない」と考えられているからです。(およそ九割の馬がそれに該当します。)そのため「競走馬」という概念自体が動物虐待に当たるという指摘や批判が行われているとの事ですが、それはそれとして問題の本質はむしろ「競争社会」によって、その考え方がそのまま人間社会に当てはめられて行くことの怖ろしさに有ります。(つまりそれを食い止めない限り、馬の処遇も改善されないということです。)

                       

                      現代社会に於いては「勝つ」と「儲ける」は、ほぼ同じ意味で用いられており、そこには「儲けるためには何でもやるが、儲からない事は一切やらない」という明確な指標が有ります。何故なら「そのようにしないと勝てない」という現実があるからです。

                      政治家の収賄、役人の忖度、企業の不正や改ざん、相撲の星の貸し借りなど、周りを見渡せばみんなやっていることで、それらはすべて「そのようにしないと勝てないから」という理屈の下に正当化されたものです。つまり「競争社会」とは、そのように「人が品格や良識を捨て去ることで成り立つおぞましい社会」ということです。だから競走馬の殺処分など当たり前で、その同じ心が「他人の事など知ったこっちゃない」と思わせている訳です。

                       

                      このような社会環境の中では「他人を相手取り、勝ちに行くこと」自体が問題を孕んでおり、(人として人格を歪めるという)大きなリスクを伴います。更にそんな思いまでしても最終的に「勝者」となれるのは(競走馬に例えるまでもなく)ごく一部の人々に過ぎず、殆どの人たちが「負けたんだからしょうがない」的な卑屈な生き方を余儀なくされるでしょう。それが今の世の中の紛れもない現状です。

                      故に、このような社会の仕組みにはさっさと見切りを付けて人間本来の生き方、人との関わり方、馬との関わり方に戻しましょう。もし、そうした啓蒙活動を率先して行えないとしても、少ないながらも世の中でリーダーシップを発揮している人たちを陰ながら応援、支援することぐらいは出来るはずです。

                       

                      体(てい)の良い「殺処分」が存在する事は、最早「世の中の常識」となりつつ有り、自分たちがその対象と成り得る事をくれぐれも忘れないで下さい。(それは「人命及び人権軽視」という形となって表れるでしょう。)

                      | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 07:59 | comments(0) | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>