青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
問題は社会システム云々の話ではない!
0

    例えばここに人間が二人いて、双方共が「良い人」であったとすれば、その二人が力を合わせて生きていく上に於いて、事前に何か「決めごと」を行なう必要があるでしょうか。(そうは思えません。)これは仮にその場に十人いても同じであって、(瞬時に意思の疎通が可能な範囲であれば)そのパーフェクトな善意の集団(=社会)に於いては、何ら決めごとを設けること無く「公平、平等で幸福な社会」が実現出来るに違いありません。

     

    その際、仮に「リーダー」を設けたり「役割分担」を行なうことがあったとしても、それはどうしてもそのような「社会システム」が不可欠のものだからではなく、単に「より合理的で効率の良いアイデア」を取り入れるという意味に過ぎないでしょう。言うなれば「システム」などと言うものは(社会にとって)二次的、三次的なものであって、そんなことよりも百倍も重要なのが「みんな良い人」であることは疑う余地もありません。

     

    故に本気で「公平、平等で幸福な社会」を目指したいのであれば、いたずらに(政治的、経済的な)主義を並べ立て、社会システムをいじくり回す以前に、「(度重なる思想の紊乱、道義の廃頽の末)失われた人間性の回復」のために全エネルギーを注いだとしても決して間違いではないはずです。

    何故なら、現状のままでは「如何なる高尚な主義、主張も悪行のためのツールと化している」状況は変わらないからです。

     

    例えば現状では「民主主義=多数決の乱用、悪用」と化し、「社会主義、共産主義=権力の独占、横暴」と化し、「国家主義、全体主義=国家の私物化」が行われ、「新自由主義、グローバリズム=弱肉強食による富の収奪」でしかなく、結果は何れも「権力者の優遇、庶民の冷遇」でしかありませんが、もし「社会のみんなが良い人」であったなら、仮に「独裁的なシステム」を用いた政治が行われたとしても、むしろ効率的に「公平、平等で幸福な社会」が実現するであろうことは疑う余地もありません。何故なら「独裁者自体もその取り巻きもみんな良い人」なのですから。

     

    「そんなの今更無理だ、不可能だ!」と思う前に、良く考えてみて下さい。今からわずか百年ほど前までは、「金のためなら何でもする」などという人は、日本社会ではごく一部の「はみ出し者」でしかなかったのです。そのような日本古来の「恥の文化」が短期間に急速に失われてしまったとすれば、それは「それを望む何者かによって故意に、そして執拗にマインドコントロールが繰り返し行なわれてきた結果」としか考えられませんし、そもそも人間は(悪に手を染めるよりも)「良い人間」で在り続けることの方が「心地よく感じられる」もので、しかも「好循環」によって楽に生きられるものなのです。(嘘だと思うなら近所の「良い人」に訊いてみて下さい.)

     

    何れにせよ、この世界には「社会に良い人が増えると困る(というとんでもない)人たち」が一部いるようですが、だとしても私の知ったことでは有りません。(そういう人たちは、やがて居場所を失うでしょう。)

     

    | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 11:44 | comments(0) | - |
    一寸先は闇!
    0

      人として最も恐ろしい事は、「物が正しく見えていない」ことに尽きるだろう。これはもちろん視力云々の話ではなく、その人の置かれた状況や状態に対する理解力、判断力の有無の話だ。そして(詳細は割愛するが)この「物が正しく見えるか否か」の個人差は「人間性の有無」が深く関わってくる。何故なら「人間性の本質は理性」であり、理性が十分に働かない限り「物を正しく見る」こと自体が不可能と言えるからだ。

      つまり人間性が豊かであってこそ「確かな展望」が望め、人間性の乏しい人々に於いては文字通り「一寸先は闇」と言って良い。(人間性についてはサイト内検索で過去記事を参考にして下さい。)

       

      翻って政局の現状に目を向けるなら、(9月26日の記事でも書いた通り)「出方を間違えれば命取り」の状況下に於いて、すでに多くの「誤算」が起きているようだが、それも当然と言えば当然だ。何故なら、その場に参集した人々の多くに於いて(人間性に問題があってか)そもそも当初から「物が正しく見えていない(=物が歪んで見えている)」ためだ。

      即ち「今まではこれで良かった」「歴史的にこうなっている」「慣例はこうだ」などの言い分の内、人間性と無縁のものは、今後は何の意味も持たなくなるだろう。むしろ「そんな感覚が今まで長年通用してきた事」こそに、驚きを覚えるべきだ。

       

      とどのつまり「自滅」とは、人間性の欠如がもたらす「当然の帰結」ということになろう。

      | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:58 | comments(0) | - |
      政界は社会の縮図である。
      0

        どうやら旧来の「人畜無害」的な(建前上の)社会構造、システムがここに来て瓦解、崩壊をきたし、それまでそこに抱合されていた個々の人々が「本音」を剥き出しにし始めた事で、事実上の「人々の二分化」が急速に進行中のようだ。

        「事実上の」というのは、これまでも内面的な「二分化」は存在したが、それが自他共に認識可能な形として顕在化してきたという事だ。

         

        その理由はおそらく「我慢、辛抱たまらなくなったから」或いは「好機到来と見て」という事かも知れないが、何れにしても、それは本当の理由ではなく、「ブレーキを外された」または「箍(たが)を外された」というのが正しい。(しかもそういった自覚が無い故に、制御も出来ない。)しかし「誰に?」

        もちろん、「そういうことが出来るもの」に決まっている。

         

        今、このような事が私たちの人間社会全般で起こっている、ということは、これは「私たち全員が直面している(=突き付けられている)自分自身の問題」ということであって、「誰彼問わず他人事ではない」と知るべきであり、ただ政治の世界では(あたかも舞台劇の如く)それがコンパクトな分り易い形で行われているに過ぎない。

        故に私たちはこれを契機として、今一度(おそらく最後のチャンスとなろうが)自身の身の振り方を見直し、考え直す必要があろうと思う。

         

        ただ(少数ではあるが)こうした懸念に無縁の人々もいることはいる。それは従来より「建前と本音の差異が極めて小さく、人間性、社会性共に豊かな人々」であり、二分化の一方を担う人々のことだ。

         

        なお「二分化」自体が「他に方法がない場合の最終手段」であり、本来は「全員が豊かな人間性を有すること」を目標とし、理想とすべきであるのは言うまでもない。だが残念ながら、よろず物事にはタイムリミットがあるのだ。

        | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:03 | comments(0) | - |
        衆院選をめぐる政界の激変について
        0

          これは罠だ。しかもネズミ捕りのカゴのような「非常にわかりやすい罠」と言える。但し、それは「見える人には見えるが見えない人には見えない代物」と言え、その結果として「人々が大きく二分される」こととなろう。その証拠に巷では、既に当事者たちの間で「踏み絵」という言葉すら用いられている。だが、忘れてならないのは、この「踏み絵」の前に立たされているのは政界関係者のみならず、今回に限っては私たち「国民全員が対象者」ということだろう。無論、キーワードは「人間性」となる。当たり前だ。人間社会なのだから。

          | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 11:21 | comments(0) | - |
          進化論?・・・変化論だろう。
          0

            生物が環境に応じて徐々に機能の強化や退化を果たし、更に何世代か掛けてそれを固定化する。

            何故そういうことが起きるのかと言えば、あらかじめ「変化」の幅を持たせたプログラムが為されているからだ。

            だからもし、そういうプログラムの存在が無ければ、その生物は環境の変化を受けて死滅するしかない。

            このようにプログラムの範疇に於ける(=予め想定された)生物の変化を「進化」と認めるには違和感は否めず、ならばさしずめ「ダーウィンの変化論」というところか。

             

            ※ 実際、科学者の認識としても「進化=個体群内の遺伝子頻度の変化」として定義されているに過ぎず、そこに生物的「進歩、向上、前進」という意味合いは必ずしも存在せず、あくまでも「環境との相対的関係」のみである。

            | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 12:47 | comments(0) | - |
            今、何が起きているのか?
            0

              社会に於ける「思想の紊乱(びんらん)道義の廃頽(はいたい)」がこれに極まり、我も我もと無数の悪が乱立するに至れば、当然社会全体に明白な実害が生じ、それにつれて危機感が増大するに及び、如何に寛容で辛抱強い人々の間にも、さすがに「これはまずい」と、方向性の「是正、矯正」の動きが起きてくる。

               

              おそらくは身近な事、自分たちの手近な問題を何とかしようと思って問題提起してみれば、何とそれが国家を揺るがす様な「巨悪」に繋がっていたという話にまで発展し、今度はその「巨悪」を追求する内に、芋づる式に周辺から末端に至るまでの「大小無数の悪」が絡め取られていくさまを、私たちは目にすることとなっている。

              つまり広くは「洗脳」、周辺に於いては「懐柔」によって、あらゆるものが繋がっていたということだ。

               

              何れにしても物事は「決まった通り」にしかならないし、それは「誰が勝手に決められる」というものでもない。

              ただハッキリと言えるのは、一人ひとりが「やるべきこと」をやれば、物事は必ず「決まった通り」になって行くということだ。そして「それが何か」を見定めることこそが、その人間の「甲斐性(=価値)」と言える。

               

              何故「決まった通り」にしかならないのか?それが「最も法則に忠実な論理的解答(=正解)」と呼べるものだからだ。更にそれが「人間の範疇に存在するものか?」と問われるならば、「本来在るべきもの」としか言い様がない。

              それが「理」という一言に集約されるものであるとするなら、もはや「無理の通らない時代」に突入したことを、私たち万人が推して知るべきだと思う。

              | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 10:14 | comments(0) | - |
              「神は存在するか否か」という基本的命題について
              0

                例えば「存在しない」とするなら(宇宙を含む)この世界のあらゆる構成要素の生成(それは当然「生命の起源」をも含むすべてということになるが)に対して「何らの意思も働いていない」という結論とならざるを得ません。

                それは言葉を換えれば「すべてが確率任せの偶然、偶発的な出来事の結果の積み重ね」であって、どんなに論理的にバランスの保たれた状況があろうと、それも「たまたま現状が(幸運にも)そうだ」という意味でしかないことになります。

                つまり「神の存在しない世界観」とは、(そうした意識の有無を問わず)そのように「圧倒的な刹那感」をベースとせざるを得ないということです。となればこうした場合の「バランス」とは当然、目的としての「共存」の意味を為さず、むしろ「自然淘汰(=真の安定?)」に向かうための一時的通過点と捉えたくなるのも合点がいきます。

                ですから、そのような人々にとっての「生きる」というイメージが「覇権争い」そのものであるのは当然と言え、彼らが「我々にはその自由がある」と感じるのもこれまた当然ということです。

                 

                一方でどうしても「元素→アミノ酸→タンパク質→生命体→進化→人間」という流れは理解出来ないでもないにしても、それらをすべて「偶然の出来事」とすることに、どうしても(心情的に)納得の行かない人々がいます。何故なら「そこに統一的な意思が存在し作用した」とすることで、(技術的、構造的解明以外の)あらゆる憂いや疑問が「瞬時に解決」するからです。

                少なくとも彼らは(まるで魔法めいた)途方もなく微少な確率を肯定するための作業から開放される代わりに、(歴史的な過去の遺産をも含む)現状をつぶさに観察、分析することにより、「物言わぬ神の意思」なるものを可能な限り究明していく必要に迫られることになるでしょう。何故ならそこには必ず「目的や目標」が存在するはずであって、それをはき違えると「神の意に沿わない」という状況が生じるおそれが出てくるからです。

                このように「神は存在する」とした時点で、その人々にとっての「生きる」というイメージが「神の意に従う」となるのは自然なことであって、その際重要となることが「神(の意)を正しく理解する」に尽きるのは言うまでもありません。

                 

                私の見るところ、現代に生きる大半の人々の生き方には上記の様な明確な意思表示は見られず、ともすると「どっちつかずのいいとこ取り」をしたがっているようにしか見えません。

                即ち「自然淘汰」を受け入れ、堂々と「覇権争い」を標榜して矢面に立つわけでもなく、さりとて「神の意に従う」ため「神を正しく理解」しようとするわけでもありません。

                ある意味「中途半端」を保つことで、何らかのリスク管理をしているつもりかも知れませんが、私には逆に非常に高リスクな生き方としか思えません。何故なら「信念」の無いところには論理性が感じられず、それが「柱のない家」のように思えてならないからです。

                | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 10:29 | comments(0) | - |
                「瓦解、崩壊の年」は残り半分となりました。
                0

                  これは一年間を霊的な区切りである立春→節分までと考えればそうなると言うことです。振り返れば政治の世界では、まるで計ったかのように2月を契機に歯車が狂い始め、僅か半年たらずの間にまったく様相が変わってしまいました。

                   

                  もちろん如何なる結果現象にも理由(=原因)が有りますが、それらの多くは目に見える形だけで説明(=証明)し切れるものではなく、正確な認識や把握のためには「霊的要因」を識る必要が有ります。この「霊的要因」は、何も特別な人々だけが識り得るものではなく、誰しもが持っている「心の本質的な部分」である「良心」によって、本来であれば誰しもが認識可能なものであることは、是非識っておいて頂きたいと思います。

                   

                  何故なら、人間は誰しもがそれぞれ「自己の運命の責任」を担っているものですから、霊的、物的それぞれの要因をその都度適切に認識しつつ未来を形作っていく能力が備わっていると考えるのが極めて自然なことだからです。(もしその能力を未だ発揮出来ずにいるとすれば、それは教育を含む誤ったマインドコントロールによるものです。)

                   

                  程なく霊界の指導、先行による「大規模な価値の転換」が起こり、それに連れて社会の様相も一変するでしょうが、それらが霊的に定義されるところの「昼の時代」に相応しいものであることは間違い有りません。

                  であるとすれば、私たちは今こそ「自らの良心」に一層磨きを掛けて、そうした「時代の転換」に備えておく必要が有ると思われます。

                  | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:43 | comments(0) | - |
                  「昼の時代」について
                  0

                    昭和16年(1941年)6月16日午前6時15分を以って、この世が「昼の時代」に突入したことは、当ブログでも何度か指摘してきた通りです。

                    過去の記事はこちら→http://blg-hal-kursk.jugem.jp/?search=%C3%EB%A4%CE%BB%FE%C2%E5

                     

                    この事が、世の中の今後を推移する上に於いて如何に重要であるかについては今更申すまでも有りませんが、事の大きさに比して意外に「夜の時代→昼の時代」という概念に対する記述が少なく、(宗教的にも)理解が一般的でないのは、それがまさしく論理的には「輪廻転生(=生まれ変わり死に変わり)」に対する理解とセットでなければ成立し得ないことによるものと思われます。

                    しかしその反面、歴史的事象や身近な物事の経緯、更には「原因結果の法則」にまつわるあらゆる物事の理解を不備なく円滑に行なうためには、この霊界に於ける「昼と夜」の概念の欠如が所謂ボトルネックになるであろう事は容易に想像出来る故、敢えて今一度申し上げる次第です。

                     

                    ともあれ、これから私たちのもとにもたらされる事は、主に「価値観の転換」になろうかと思います。それは場合に依っては「2500年間信じられ受け入れられてきた通念」さえも覆し兼ねない一大転換を私たちにもたらす事となるでしょう。(夜から昼に移行すれば当然そうなります。)

                    そして、それら「転換による恩恵」を真っ先に享受するのは「子どもたち」かも知れません。

                    | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 10:52 | comments(0) | - |
                    瓦解、崩壊は予定通り進行しています。
                    0

                      今まで政権による不条理な圧力を加えられ続けてきた行政機関、報道機関などによる「造反、内部告発」などが現在噴出していますが、それは検察や裁判所とて例外ではないでしょう。

                      これは繰り返しとなりますが、「人の死」と同様に「霊界」で決定された事項を人間が意図的に回避する方法は有りません。(但し「決定前」であれば「原因結果の法則」に基づいて働きかけは可能です。)

                      | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 11:21 | comments(0) | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>