青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
「瓦解、崩壊の年」は残り半分となりました。
0

    これは一年間を霊的な区切りである立春→節分までと考えればそうなると言うことです。振り返れば政治の世界では、まるで計ったかのように2月を契機に歯車が狂い始め、僅か半年たらずの間にまったく様相が変わってしまいました。

     

    もちろん如何なる結果現象にも理由(=原因)が有りますが、それらの多くは目に見える形だけで説明(=証明)し切れるものではなく、正確な認識や把握のためには「霊的要因」を識る必要が有ります。この「霊的要因」は、何も特別な人々だけが識り得るものではなく、誰しもが持っている「心の本質的な部分」である「良心」によって、本来であれば誰しもが認識可能なものであることは、是非識っておいて頂きたいと思います。

     

    何故なら、人間は誰しもがそれぞれ「自己の運命の責任」を担っているものですから、霊的、物的それぞれの要因をその都度適切に認識しつつ未来を形作っていく能力が備わっていると考えるのが極めて自然なことだからです。(もしその能力を未だ発揮出来ずにいるとすれば、それは教育を含む誤ったマインドコントロールによるものです。)

     

    程なく霊界の指導、先行による「大規模な価値の転換」が起こり、それに連れて社会の様相も一変するでしょうが、それらが霊的に定義されるところの「昼の時代」に相応しいものであることは間違い有りません。

    であるとすれば、私たちは今こそ「自らの良心」に一層磨きを掛けて、そうした「時代の転換」に備えておく必要が有ると思われます。

    | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:43 | comments(0) | - |
    「昼の時代」について
    0

      昭和16年(1941年)6月16日午前6時15分を以って、この世が「昼の時代」に突入したことは、当ブログでも何度か指摘してきた通りです。

      過去の記事はこちら→http://blg-hal-kursk.jugem.jp/?search=%C3%EB%A4%CE%BB%FE%C2%E5

       

      この事が、世の中の今後を推移する上に於いて如何に重要であるかについては今更申すまでも有りませんが、事の大きさに比して意外に「夜の時代→昼の時代」という概念に対する記述が少なく、(宗教的にも)理解が一般的でないのは、それがまさしく論理的には「輪廻転生(=生まれ変わり死に変わり)」に対する理解とセットでなければ成立し得ないことによるものと思われます。

      しかしその反面、歴史的事象や身近な物事の経緯、更には「原因結果の法則」にまつわるあらゆる物事の理解を不備なく円滑に行なうためには、この霊界に於ける「昼と夜」の概念の欠如が所謂ボトルネックになるであろう事は容易に想像出来る故、敢えて今一度申し上げる次第です。

       

      ともあれ、これから私たちのもとにもたらされる事は、主に「価値観の転換」になろうかと思います。それは場合に依っては「2500年間信じられ受け入れられてきた通念」さえも覆し兼ねない一大転換を私たちにもたらす事となるでしょう。(夜から昼に移行すれば当然そうなります。)

      そして、それら「転換による恩恵」を真っ先に享受するのは「子どもたち」かも知れません。

      | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 10:52 | comments(0) | - |
      瓦解、崩壊は予定通り進行しています。
      0

        今まで政権による不条理な圧力を加えられ続けてきた行政機関、報道機関などによる「造反、内部告発」などが現在噴出していますが、それは検察や裁判所とて例外ではないでしょう。

        これは繰り返しとなりますが、「人の死」と同様に「霊界」で決定された事項を人間が意図的に回避する方法は有りません。(但し「決定前」であれば「原因結果の法則」に基づいて働きかけは可能です。)

        | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 11:21 | comments(0) | - |
        なぜ「安倍政権」はしぶといのか?
        0

          ※以下は私の別ブログよりの転載記事となります。

           

          この政権は本当なら(=従来の常識に当てはめれば)少なくとも一年は前に終わっているはずのものが、なぜ死に体のまま政権として未だに醜態を晒すハメに陥っているのか・・・。今になって思えば、それは後世のための「見せしめ」としての意味でしか有り得ない。

           

          つまり「こういう思惑や企みを持つと必ずこうなる」といった物事の因果関係を、もはやそれ自体がデフォルメする必要も無いほど「わかりやすい構図とわかりやすい登場人物」を以って世の中に知らしめる事こそが、今彼ら(=安倍政権とそれを取り巻く人々)が依然として存在出来ている唯一の理由となっている。(そういうことでもなければ、あれだけみっともない「悪あがき」をいい大人がして許されるハズも無い。)

           

          当然ながら今後、このように権力者の私利私欲に塗れた政治というものは現政権を最後として、二度と再び存在し得ない世の中となるだろうから「悪政の末路を記憶に留める」という意味に於いては、現政権にはなるべく派手な「ハードランディング」であって欲しいなどとは敢えて思わないにしても、その可能性は無きにしも在らず、といったところだろう。

          | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 11:57 | comments(0) | - |
          奇しくも「概ね警告した通り」だろう
          0

            ※ 以下は私の別ブログからの転載記事であり、当ブログ記事の更新では有りません。

             

            昨年5月には「ジジイは(次世代の若者の為に)突撃しろ」という記事を書き、7月には「(不正選挙の)沈没船に乗るな」という主旨の記事を書いた。更に今年の元旦には「いよいよ瓦解、崩壊が始まる」と警鐘を鳴らした。そしてこれらの意味するものには、当然ながら現在の日本の「如何わしい権力構造の終焉」も含まれているということだ。気が付けば事態は森友学園問題から加計学園問題へと移行し、果たして(一強と言われる)政権の中枢で何が起きているのかは、もはや「誰の目にも明らか」であろう。

             

            取り分け東京24区(八王子市)選出の内閣官房副長官、このところ総理の後ろに立っていても(文書で名前を出された関係か)「目は落ち着きなく泳ぎ、心此処に在らず」といった様子で、地元の一選挙民として非常に心配している。悪いことは言わないので今すぐ海に飛び込んで「国民側」に付くコトを熱望する。まだ50代前半なら(一定の禊ぎを受ければ)今からでもまだやり直せるんじゃないのか?

            もちろん「船と運命を共にしたい」と言うならそれも本人の自由だが、本当にもう時間が無いぞ。それに今更ながら「機を見るに敏」でなければ政治家は務まらないと思うのだが。

            | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:16 | comments(0) | - |
            記事の更新を今日で最後とします。
            0

              最後に当たって何を書こうかと、少々迷うところでは有りますが、やはり自分の一番言いたい事を書くことにします。

               

              まず人間はどんな人であろうと「自分自身の生きたいように生きている」ということだけは知っておいてもらいたいと思います。何故ならどんな人にでもその人なりの「基本思想」というものが有り、人は必ず「基本思想」に従って思い、考え、行動するものだからです。

              幼い子どもが無邪気なのは「基本思想に邪気が無い」からですし、弱肉強食さながらの環境でイキイキとしている人は「基本思想に弱肉強食の考え方を持っている」からに他なりません。また「イジメ」や「引きこもり」といった行動も同じく「基本思想として持っているもの」に応じた生き方をしているに過ぎません。

              ここで重要な事は、人間誰しも「基本思想に無いものは逆さに振っても出てこない」と理解することです。

               

              こうした人間の「実相」によって私たちが知り得ることは、このようにほとんど「自分なりの基本思想に支配されている」と言っても良い人間が「容易に他人の思想に感化されたり、他力によって基本思想に修正を施されたりすることはほぼ期待出来ない」という事であろうと思います。

              確かに表面的には「悪い仲間に感化される」とか「悪い誘惑に乗せられる」などといった所謂「悪い方向になびきやすいのでは?」と思わせられるケースが多々有るのは事実ですが、それとて「基本思想にまったく無縁」だった訳ではなく、むしろ単に「隠し持っていたものが顕在化」したと理解した方が問題点の所在が遥かに解りやすくなるはずです。

              何れにせよ多くの人たちが既に「ともすると自己中心の方向に流されやすい基本思想」を持って生きていることは事実です。

               

              そうした現状も有り、人間が「良い方向に基本思想の舵を切る」ことは益々以って至難の業となっています。

              前述の如く、通常人間は自分の基本思想を正しいものと信じ、それに従って「生きたいように生きている」のですから、余程「自らの基本思想自体に不信を抱き不都合を感じる」など無ければ、ちょっとやそっとでそれを変えようとは思いません。何故ならそれは、それこそ「長年築き上げた実績や将来イメージをご破算にする」ぐらいの意味を持つかも知れないからです。

              しかしそこが人間のすごいところで、人に依っては「自ら退路を断つ」ためにわざわざ自分で過去の栄光や現在の安住の環境に見切りを付けて一切を破壊して捨ててしまう人すらいますが、そういう人はむしろ稀でたいがいの場合は「行き詰まって窮地に立たされた末」に決断を強いられる形となるでしょうが、何れにしてもそのくらいの事が有ってなおかつ自発的な求めが無ければ「そう簡単に基本思想は変えられない」ということです。

               

              結局のところ人間は、そのきっかけはどうであれ本人が「変わりたいという(気持ちではなく)心が持てるか否か」が分かれ目になります。それが容易に持てた人は「運が良い」としか言い様もなく、方やなかなか持ち得ない人は「運が悪い」としか言い様が有りませんが、だからと言ってそれを他人がどうこう思うこと自体が正しく有りません。何故なら、どうしてその人は「運が悪い」のか他人には知る由もないからです。(私たちは神では有りませんので。)

              それ故私たちに出来る事と言えば「いつも自分の眼前に対してベストを尽くすこと」でしかなく、それが唯一の自己評価の対象であるということ以外に考えるべくも無く、そして人生の最後の日まで、ただただそれが継続出来れば良いと思っています。

               

              2年8ヶ月余りの長きにわたり、ご精読頂きありがとうございました。

              | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:36 | comments(0) | - |
              人生の真の目的は「成長すること」と言えます。
              0

                人生の目的を「何かを成し遂げること」と思っている人がいるかも知れませんが、そういった「形の上での目標」が成長するための「ツール」となり得ることは事実かも知れませんが、必ずしも明確な目標の形が無ければ成長出来ないということではなく、それこそ成長のための道程は「人それぞれ」と言えるでしょう。

                因みに「何かを成し遂げること」を人生の目的にしてしまうと極端な話、成し遂げた時点で人生が終わってしまうコトになり、それに連れて成長も著しく鈍化してしまい、それでは本末転倒と言わざるを得ません。そうではなく「目標の達成」はむしろ「成長の過程でたまたま起きること」というイメージです。

                 

                何故、人生の目的が「成長すること」であるのかと言うと、それは人間も他の生物もそうですが「生まれ来た時点では非常にか弱い」ものだからです。それは芽吹いたばかりの草木の双葉であろうが、卵から孵ったばかりの魚の稚魚であろうが、もちろん人間の赤ん坊も、とにかく懸命に生きようと最大限の努力をしなければ生きられる由もないものです。つまり人間を含むあらゆる生物が、そのスタートの時点から「成長を目的としない限り生きられない仕組み」の中に置かれているという事になります。

                そして実際、人間以外の自然界の生物に於いては「成長しきった時点が生体としてのピーク」であって、以後老化衰退することに意義を見出すことは殆ど出来ません。しかし人間だけは別です。

                 

                何故なら人間には「霊魂の価値」に由来した「心」というものが在り、その成り立ちからして「ピークも老化衰退も無い」訳ですから、生きている間ほとんど「無限に成長を続ける事が出来る」ものと言えます。

                しかもそうした「心の成長」は、成し得た分だけリアルタイムに「霊魂の価値」として加算、蓄積される仕組みになっていて、謂わば「霊魂の基礎体力、基礎能力」としてダイレクトに反映されるため、それが人生に於いて一層心の成長を加速させる結果となることは間違い有りません。またそうして積み増すことの出来た「霊魂の価値」は死後も失われる事は無いので、こうした「心の成長の仕組み」によって、人間の霊魂は生まれ変わり死に変わりを経て「永遠に価値を増し続ける事が出来る」ものとされています。

                 

                ですからもし、人間が「気持ちの萎えや心の衰え」などを感じることがあったとしても、それは単に「肉体の持つ意識」に過ぎません。何故なら前述の如く「心は老化の影響を受けるはずの無いもの」だからです。そしてその場合「霊魂の価値の著しい低下」が懸念され、よって速やかに人生の目的を「心の成長」に置き換えるべく心機一転を図るのが良いと思います。(辛くても不可能では有りません。)

                | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:35 | comments(0) | - |
                人はどうして「自分のこと」が解らないのか?
                0

                  これはもちろん「他人のことならよく解るのに」というような浅い意味では無く、むしろ「他人のことが解らないのは当然としても、せめて自分のことぐらいは」という思いを込めての本質的な意味合いの問いということです。

                  しかし、実は人間が「自分のことが解らない」というのは、人間がこの世に生まれて来るその仕組みから言えばむしろ「当然なこと」であって、(少なくとも当初は)それが自然な事と言えます。何故なら、殆どの人間には(霊魂のレベルに於いて)「前世」が在りながら、今世(の肉体レベル)ではその記憶が存在していないからです。つまり「運命」に関しては明らかに「前世」を継承しながら、肉体にはその認識がまったく無いという、極めてバランスを欠いた状態で誰しも「人生」をスタートさせる訳です。

                   

                  何故そういう仕組みになっているのかは、もし私たちが「前世の記憶を携えながら生まれて来たとしたらどうなるか」をちょっと考えて見れば解ると思います。

                  確かにそこには始めから「課題」や「展望」が見えていますが、それらはむしろ「それを突きつけられている」感覚に等しいものかも知れません。しかもその全てが「論理的に正しい」となれば、もはや人生そのものが(数学の問題集のように)「端から順番に数式を解いて行く様な(味気のない)単純作業」と化してしまう恐れさえあるでしょう。私たちにとって、果たしてそれが「有意義な人生」として感じられるものでしょうか。

                   

                  「霊界」は殊の外「人間の自由意志、自発性」を重要視しています。仮に「義務や責任」であっても、あくまでも「強要や強制」ではなく、それらが「人間の自由な意思の下、自発的に行われる事」にこそ、その価値が有るとされるのが一貫した「霊界の主旨」なのです。

                  ですから(人間がそれに気付こうが気付くまいが)人間には「十分過ぎる程の自由」が常に与えられています。それらは私たち人間が「上手く活用して有意義な人生を送る事が出来るため」の、誰にでも公平平等に与えられた自由ということです。

                  | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 11:42 | comments(0) | - |
                  人は何故「しゃべる」のか?
                  0

                    「おしゃべり」の中身は人それぞれ、千差万別と言って良いでしょうが、それら唯一の共通点は「必要ない事をしゃべっている」ということです。もちろんしゃべっている本人には、そんな意識や自覚は毛頭有りませんが、客観的に聞いていればそれは非常によく判ります。

                     

                    それに良く「(しゃべって)間を持たせる」という表現を使いますが、それでは「間が持たない」と、人はいったいどうなるのでしょうか。

                    殆どの場合、まず「落ち着き」が無くなり、次に「不安と焦燥」に駆られます。ひどくなると「疑心暗鬼」が頭をもたげて来ることさえあるでしょう。しかし何故そこに(おしゃべりを止めて)「沈黙」があるだけで人はそのような「いたたまれなさ」を感じなければならないのでしょう?

                     

                    そうした際に感じる(理由のハッキリしない)「不安と焦燥」は、実はその人に「(24時間365日)常駐」する感覚だということです。それが存在する理由は後ほど述べますが、とにかく人はそうした「不快な感覚」から逃れるために(人といる時には)「おしゃべり」をし、誰もいない時には「何かに没頭」したくなる事だけは間違い有りません。それらはすべて「じっとしていると湧いてくる不快な感覚」から逃れるための術(すべ)でしか無く、それ以上の意味を持たないことが殆どです。

                     

                    それではこの(思いのほか多くの人たちに常駐する)「不安と焦燥」の実体は何でしょうか。それは一言で表わすなら「やるべき事をやってない」という(霊的な)警告でありサインということです。もちろん「霊的」というからには「仕事や家庭の事をちゃんとやっている、やっていない」或いは「法律をちゃんと守っている、守っていない」という様な表面的な話では有りません。

                    そうではなく、ここでは「人間性」即ち「霊的向上心の有無」を問われているのです。何故なら「無難な社会生活を送ること」もさる事ながら、人間には「一定の霊的向上の目標値」を設定され、その達成を一つのノルマとして(霊界から)この世に送り出されて来た「霊的経緯」があるからです。

                     

                    取り分けこうした「霊的サイン」は人間が本来、雑多な意識神経から開放されるべき状態即ち「沈黙」「暇」などで一層鮮明となるため、「霊的怠慢」を重ねている人にとってはそれが「(不安や焦燥などの)不快な感覚」となる訳ですが、逆に「霊的努力」を重ねている人にとっては正に「霊的インスピレーション」を得るための貴重な時間とも成り得る訳です。

                    また、こうした「心の静寂」とも言える時間を意識的に設けようとする試みとして「瞑想」などが考えられる訳ですが、こうして見るとわざわざそういう時間を作り出すまでもなく、それこそ日常的に「ホッと一息つく時間」さえあれば、(そしてそれを上手く活用出来るのなら)それで十分事足りるというのが本当のところです。

                     

                    しかし残念な事には多くの人たちが、そうした本来「貴重な時間」であるはずのものを、わざわざ「おしゃべりや取るに足らない様な事」に没頭することで、尽(ことごと)く不意にしてしまっているのが私たちの現実と言えるでしょう。

                    | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 09:33 | comments(0) | - |
                    「発想、発案」の質と正当性について
                    0

                      これらは脳ミソの出来不出来や知識や情報の集積度には(残念ながら)関係有りません。つまり如何に頭が良くて物識りであっても、発想が貧弱で誤った選択しか出来ない「愚か者」はこの世にゴマンといるということです。

                      何故なら、そもそも「質が高く正当性のある豊かな発想、発案(=アイデア)」というものは「霊的に担保」されていない限り持ち得ないものだからです。つまりその時点で「頭の回転速度や引き出しの多さ」は殆ど関係ないものと言え、強いて云うなら(それを他者に伝達する際に不自由を感じない程度の)国語力があれば尚良いという事でしょう。

                      更に言えば、それら上質の発想の本体は元々が「イメージ(=絵図)」であって、故に一瞬で認識、把握出来る特性を持つものであるからして、尚更「頭の回転力」など及ぶべくも無いということになります。

                       

                      では人間に「頭の良さ」や「知識や情報(またはその収集能力)」などは不要で、それらは単なる「無用の長物」に過ぎないのかと言うと、決してそんな事を云うつもりは有りません。ただ「使いどころ」を間違えてはならないと言いたいのです。

                      それら「実務的要素」は、イメージとして得られた発想や発案(=アイデア)を「具体化」する際には必ず必要とされるものであり、それは現社会でも当然そうなのですが、但しその部分がことさら他の実務的要素としての「技能、技術、労働形態など」に対して突出して価値が勝(まさ)っているという評価には疑問を呈さざるを得ません。

                      この不当とも思える「ランク付け」は、おそらく現社会に蔓延している大きな誤解と、現実にまかり通っている大きな誤用によってもたらされていると思われます。

                       

                      それは「世の中は(その能力と権利と資格を有する)頭の良い人間たちの発想、発案によって形作られ成り立っているという誤解と誤用」が実際に為されているという現実に有ります。そしてこの件については、もはや論じる意味すら無く、国際社会や日本社会の歴史的経緯と現状を見ればそのまま「(学歴偏重主義による)頭が良い(だけの)人たち」には、権利や資格以前に「その能力に欠けている」事は明らかで、まさしく「貧弱な発想と浅はかな選択」の結果として現代社会に恒常的な混乱と閉塞感をもたらしています。

                       

                      その理由は冒頭でも説明した通り「霊的価値」、言い換えれば「人間的価値」が余りにも低い事によって「私たちの社会にとって必要十分となるイメージの持ち合わせが無い」からです。

                      しかも残念ながら私たちには、そのような人たちの「霊的向上」を指を咥えて待っているだけの時間的ゆとりは有りません。

                      そうなると私たちに出来る事は限られて来ます。即ち(そうした役回りを)「アイデアに優れた別の人とさっさと交代してもらう」ことです。

                      当然です。(違いますか?)

                      | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 11:05 | comments(0) | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>