青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 自らの行動に責任を負う時代 | main | 「説得力=包容力(寛容さ)」のことです。 >>
「陰謀論というレッテル貼り」自体が陰謀だった?
0

    「カレイドスコープ」の以下の記事の中に「陰謀論(conspiracy theory)」という言葉自体が1967年にCIA(アメリカ中央情報局)によって、ケネディ大統領暗殺事件に対する真相究明の動きを封じるために考案された事が知られているという旨の記述が有ります。

    記事はこちら→ http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5376.html

     

    また「世界の裏側ニュース」の2013年の記事には、すでにそれと同様の更に詳細な記述が見受けられますので「陰謀論=CIAの考案、意図的な使用」はほぼ事実と見て良いでしょう。

    記事はこちら→ https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11626040630.html

     

    つまり「陰謀論、陰謀論者」というレッテルを為政者や時の権力者に不都合な情報や情報提供者に貼る事で、他の本当に荒唐無稽で如何わしく、価値の疑わしい情報と同等に扱い、その信憑性を著しく貶めるという極めて悪魔的な手法がここ50年余り用いられて来た訳であって、それが過去から現在に至る(権力側による反社会的な)「フェイクニュース(インチキ情報)」を側面から支え続けて来たことは言うまでも有りません。

     

    しかしそうした「陰謀呼ばわりするという陰謀」が白日の下に晒された今となっては、もはや惑わされる要素は何も有りません。(欧米では既に半数以上の人々が真実に気づき始めているとのことです。)ただマインドコントロールの結果「寄らば大樹の陰」的生き方に慣れ親しんだ(取り分け日本人のような)人々には、社会的に大きな変革を望むには今度は「自分自身の内面のヘタレ根性」が大きな障害となるでしょう。(自己防衛の意識の高い欧米の人々には余りそうした障害はなさそうです。)

     

    しかしちょっと考えれば判りそうなものです。「生みの苦しみを味わうぐらいなら生まない方が良い」という考え方自体が、完全な「自滅思考」であることぐらいは。また「誰かがやってくれるだろう」というズルい考えも今後は通用しません。何故なら益々世の中がピュアに近づいて行くであろうからです。

    これからは「誰が取り残されるのか」という結果が出る時代です。

    | 青少年の味方の人 | 国際社会 | 10:28 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>