青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 勇気ある発言者が確実に増えつつある。 | main | 極めて不道徳で反社会的な「現社会の主流」とされる人々 >>
安倍総理自らが明かした「虚構の存在」
0

    思えば昨年(平成17年)3月6日の国会答弁で、安倍総理自らがあの有名な言葉によって「虚構の存在」を世に知らしめ、それ以来まるでパンドラの箱を開けてしまったかの如く、これまで隠蔽し続けられてきたあらゆる陰謀、策謀の類が一気に「社会の実体」として認知されるに至ったと言える。

    その「有名な言葉」がこれだ。

     

    「さらにですね、私も妻も、(財務省)理財局長等々に(国有地売却に絡む話を)言っていないのに、名誉校長に「安倍昭恵」という名前があれば、印籠みたいに「恐れ入りました」と、なるはずがないんですよ。
    かつてそんなことあったんですか?あったんだったら、一つでもいいから例を出していただきたいと思います。
    私の妻が名誉何々になっていて、それを忖度した事実がないのに、あるかのことを言うのは、典型的な印象操作なんですよ。

     

    ここで重要なのは下線で示した2箇所「なるはずがない」「忖度した事実がない」という部分で、ここは「虚構そのものの根幹に関わる」ために(そこに触れさせないため根拠が明らかでないにも関わらず)一方的に断言口調となったに相違ない。

    それは裏を返せば「印籠みたいに「恐れ入りました」となり、忖度した事実があった」ということで、それこそが「虚構」の裏で隠蔽され続けてきた紛れもない「社会の実像」ということだ。

     

    つまり安倍総理が国民に信じさせたいのはこういうことだ。それは「総理や総理婦人が悪いことを考え行なうはずがない」を筆頭に、まだまだ幾らでも有る。即ち「日本政府と官僚が、与党議員が、アメリカ政府と米軍が、民主主義が、警察が、検察が、裁判所が、自衛隊が、経団連が、大手企業と大手銀行が、NHKと大手メディアが、巨大宗教法人が、医者が、大学教授等々が、日本国民にとって悪いことを考え行なうはずがない」というもの。

     

    だがそれは違う。人間は社会的地位や立場と「良いの悪いの」は全く無関係で、誰であろうと「その気になりさえすれば」いつだって悪人になれるのだ。

    だから地位や立場をチラつかせての、その手の印象操作だけは見苦しいのでやめて頂きたい。(やっても最早逆効果にしかなりませんが。)

    | 青少年の味方の人 | 政治・経済 | 14:55 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>