青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 安倍総理自らが明かした「虚構の存在」 | main | 今日はひたすら雪かきするしかない >>
極めて不道徳で反社会的な「現社会の主流」とされる人々
0

    「現社会の主流」とは文字通り「政財界や公的機関」等に属し、日本社会そのものの骨格を形成し、国の方向性を定める地位と立場にある俗に言う「選ばれし人々(=エリート層)」のことである。と言ってもそれは「陰謀論」という言葉がまだ思惑通りに機能していた時点までの話で、今やこうした人々の救い難いまでに低劣で悪辣な思想から発するところの「陰謀、策謀」の類(たぐい)のほぼ全容が白日の下に晒されるに至っては、こうした人々は実際「誰に選ばれたワケでも無く」ただ己の欲望の赴くまま現在の地位や立場に上り詰めたという認識が正しい。(例外的な人たちはいるにしても大半はそうで、それが「不道徳この上もない組織の体質」を動かし難いものとしている。)

     

    客観的に見るなら今までこうした「騙しの構造」は実に上手く機能していた様に思えるが、どうした訳か目標達成まで「あと残り数歩」というところで突然彼らの(隠蔽のための)地道な努力の箍(たが)が外れてしまい、それ以来どう考えても「国民の軽視、無視」としか思えない(たぶん本音の)言動が際立ち始め、彼らが総じて「一般の国民(の命や暮らし)などどうでも良い」と考えている事は最早誰の目にも明らかとなってしまった。

     

    繰り返しになるが彼ら「現社会の主流」とされる人々の特徴は、物の考え方が極めて不健全、不道徳で、バランス感覚としての社会性が極めて乏しいということに尽きる。但し曲がりなりにも「頭が良い」とされているように何事も計算高く(=ずる賢く)、そのため嘘を付いたり人を欺く様な言動を平然と行なうことが出来る。(そもそもそういう事が出来ない人間は「その地位」に至るまでに弾かれているだろう。)

    このことから「道徳心や社会性」というものは、そもそも彼ら(=為政者や権力者)にとっては無縁のもので、それらは「一般市民、一般大衆にのみ適用されるべきもの」と彼ら自身考えていることが判る。

     

    もし「霊的」にそれが正しいとされるなら(百歩譲って)「帝王学」として受け入れても良いだろう。

    だが「霊界」では残念ながら、高度な霊魂ほど全体に対する責任が大きく、その分包容力も豊かで、文字通り下位の霊魂の良き手本となるべき存在とされている。つまり「帝王学」とは(霊的には)万民が同じ基準を有する事を前提として「誰にどこから見られても恥ずべき事の無い最高の手本を示す」ことを意味しているのだ。

    だから霊界では「(万霊の)手本になれないような霊魂」はそもそも指導的な地位や立場に至れるはずも無いばかりか、余りに価値が低ければそれこそ「地べたを這いずる回る」しかなかったりもするのだ。

     

    このように「霊界」と掛け離れたことがまかり通る世の中は、実は既に終わっている。ただ過去に見苦しく執着する人間たちが残渣にしがみつき、そこにぶら下がっている状態が在るに過ぎない。要はその状態でいつまで持ち堪えられるかというだけの話だ。(信じずとも結果は出ます。)

    | 青少年の味方の人 | 霊的考察 | 16:45 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>