青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 自分で自分をダメにする典型的なパターン | main | 戦争の目的が「自国の破壊」であることは間違いない。 >>
マスコミ各社は自社の「政治的報道姿勢」を明らかにすべし
0

    NHKを始めとする報道各社の「(政治的な)中立公正」の謳い文句(=寝言)を聞かされるのはホトホトうんざりしている。そんな事は(論理的に)有り得ない。ただ世の中は必ずしも論理的に筋道を追って物の良し悪しを判断出来る人ばかりとは限らないので、素知らぬ顔で人々を欺き続けているに過ぎない。

    それに対して「赤旗」「聖教新聞」などはそれぞれ政治的出自が明らかにされており、謂わば「機関紙」のようなものだから判りやすい。いい加減にNHKやその他のマスコミ各社もそれを見習って「政治的に偏った報道姿勢」の根拠と実態を(こそ泥みたいなマネをせず)正々堂々と明らかにしてはどうなのか。それとも、それが出来ない何か後ろめたい理由でもあるのか。(あるとすれば他人の犠牲の上に成り立った「金と立場」しかないだろうが。)

     

    悪いが我々国民は最早そうした「茶番」に付き合っている暇もゆとりもないのだ。

    まずNHKだが、経営陣を総理大臣が任命する制度の下、トップに「財界有力者」が据え置かれる現状に於いて、財界優遇を図る政権を盛り立て擁護する報道姿勢を貫こうとするのは当然であり、その結果として近年「極端な偏向報道」が行われている事は、今や誰の目にも明らかとなっている。(そうした現状で受信料の徴収など100年早い!)

    また、スポンサー(=財界大手)からの広告収入によって成り立っている民放各社が、同じく財界とそれを支援する政権に頭が上がらない事の道理は子どもでも理解出来るだろう。つまり彼らは元々構造上(政界と財界が一体化している限りは)「政財界の使いっ走り」でしかなく、そもそも(現状に限って言えば)民放各社に過度の期待をする方が間違っているとも言える。(自ずと限界が有るということだ。)

     

    そうであれば尚更、いやしくも「公共放送(=国民のためになる放送?)」の看板を掲げながら、その実体は著しく政権寄りと化し、一部では「国営放送」と揶揄されるまでに至った近年のNHKの国民に対する背信行為は到底看過されるべきではなく、しかもこちらはただ「看板に偽り有り」では困るという当たり前の話をしているに過ぎないのだ。

     

    今や世間は「開き直り」の横行する時代だ。ならばマスコミ各社も(どうせバレているのだから)そろそろ開き直って堂々と「政治的報道姿勢」を公言してくれたら良いのだ。(国民はその方が判りやすくて有り難い。)

     

     

    | 青少年の味方の人 | NHK・マスコミ | 08:11 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>