青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< わかっちゃいるけどやめられない? | main | 話せる事と話せない事が在ることについて >>
100件を以って記事の連載をひとまず終了致します。
0
    これまでに「大人になるための大事なこと」と「大人向けの大事なお話」という2つのカテゴリーを通じて、ちょうど100件の記事を書き綴って参りましたが、この時点で記事に関しては一段落させて頂こうかと思います。

    元々、より良い社会の構築は、高度で複雑なテクニックやノウハウの問題というより、そこに集う個々の人々の「基本的な理念(=基本思想)」が如何ばかりのものであるのかに関わる問題と言えます。
    ですから、その事に関して解りやすい例を交えながら「手を変え品を変え」様々な角度から皆さんと共に取り組んできたつもりではありますが、「基本的理念」そのものは単純明快なもので、子どもでも解る・・・というより、「子どもの方がより解る」と言って良いほどシンプルなものなので、理解云々というよりは、むしろ「受け入れる」か「受け入れないか」という問題なのだと思います。

    では、どうすれば「受け入れられる」かという事ですが、「受け入れよう」という気持ちになれば「受け入れられる」訳で、どうなればそういう気持ちになるかというのは、実は「人それぞれ」としか言い様が有りません。
    ちょっとしたきっかけで「そう思える」人もいれば、相当「痛い思い」を味わった末に「思い直す」人も結構いるでしょう。或いは「死ぬような思い」をしても「全然懲りない」人がいるかも知れません。とにかく人それぞれです。

    余談になりますが、世の中には「経験を積むために恐れることなくどんどん失敗しなさい」というような論調も有りますが、私はそのように言えません。何故なら、一口に「失敗」と言っても、中にはいきなり「死に直結」するようなものも含まれるからです。(但し相手が身近に在って、失敗の度合いのコントロールがこちらで可能であれば話は別です。)

    で、今後の展開についてですが、もしかすると記事に関して「別のシリーズ」の連載を検討するかも知れません。
    また、コメント欄などを通じて「記事に関するリクエスト」を頂ければ、必ずお応えさせて頂きます。
    更に、現在の簡易な「ブログ形式」から「ホームページ形式」のサイトへの移行も検討しています。そうする事によって今よりも、本来の主旨である「書き込みを通じた青少年支援サイト」としての機能を、更に充実させて行ければ幸いと存じます。

    ということで、ひとまず「連載、連作形式のアップ」は終了となり、以後「不定期の掲載」に移行させて頂きますが、当サイトの主旨自体は、いささかの変更も有りませんので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
    | 青少年の味方の人 | サイトの主旨・説明など | 15:37 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>