青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 言い訳をするな。 | main | 自己破壊型、自滅型の人 その1 >>
「いじめ問題」から大人が学ぶこと
0
    子どもの「いじめ問題」で多く見掛ける論調として「いじめグループに加わらない」「勇気を持ってノーと言おう」など、みんなが同調しないこと、参加しないことが重要というものが有りますが、これはそのまま現在の「大人社会」にも当てはまる事だと思います。つまり要旨は「間違っていると思う人、組織、社会に同調や参加をしない事でノーという意思を表明する」という個人的ストライキをみんなが行うことに依って好ましくない世の中の流れにストップを掛け、より良い社会を実現しよう、というものです。
    こうした場合の特徴は、別段誰(何)を攻撃するでもない、ただ「私には出来ません」という身を引くことに依る意思表明があるのみの、至って平和的な行動であることです。(対するリスクも基本的には自分だけのもので済みます。)

    例えば自分の勤める会社が(嘗ての公害垂れ流し企業の様に人命を脅かす様な)社会的害悪に関わっていたり、不正の温床になっている事を知ったり感じたりしたらどうしますか?安定した給料を得るために見て見ぬ振りをしますか?会社内部で騒ぎ立てますか?それとも匿名で外部に告発しますか?或いは黙って退職しますか?
    多分殆どの人は「見て見ぬ振り」を決め込むはずです。何故なら他の選択肢では関係悪化や金銭面でのリスクを抱え込む事は必至ですが、これならもしかすると何事も無く予定通りの人生を送る事が出来るかも知れないからです。良心の呵責がまあ多少は有ったとしても、「誰かが何とかしてくれるだろう」という何の根拠も無い希望的楽観に依って当事者意識から免れる事で「自分はそれほど悪い人間じゃない」という納得の仕方をしてしまいます。

    しかし残念ながら現実には誰も何もしてくれません。何故ならみんなが「自分ではない他の誰か」と考えることに依って、結局誰も何もする必要が無い事になるからです。それによって世の中は(だらしなく)ずるずると悪い方向へ引き込まれて行くというのが社会の実情だと思います。繰り返しますが、ここでの問題は(リスク回避のための多分に作為的な)当事者意識の欠落です。もっと言うなら不正者意識、犯罪者意識、更に場合によっては殺人者意識の欠落と言う事です。
    よく「社会全体の問題」などという言葉が使われますが、それは正しくは「社会の全員が当事者の問題」という意味である事をそろそろ私たち全員が再確認する必要が有る時期に来ていると私は思ってます。

    さて、このような事が子どもの「いじめ問題」とどう関わっているのかということですが、子どもたちの世界観は大人のそれと比べると至って狭いもので、もしそうでなければ学校や友達関係の間での「いじめや差別」ぐらいの事で絶望したり自殺したりする訳が有りません。つまり「それがすべて」と言って良いほど比重の大きいものだという事です。
    大人がそれに対し、子どもたちにも実行可能な事として「不参加」や「意思表示」を提案するというのなら、大人は大人の世界観の中で(少なくともそれに見合った)同等な負荷を持った正義を実行して行かない事には子どもたちに申し訳が立たないばかりか、説得力のかけらも持ち得ないのではないかと思う次第です。子どもたちにだってそれなり「正義を行うリスク」はあるのです。それを実社会で正しくリスクを負えないような大人に言われる筋合いは無い、という子どもたちの声がいよいよ以って聞こえて来そうな今日この頃です。
    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 10:14 | comments(2) | - |
    これは外向的な者と内向的な者の心の声

    誰もが行きたい高校や行きたい大学にストレートで行ければ、これは発生しない。
    誰にもわかるように一つ一つを丁寧に教えて望む学力をつけさせること。
    他のストレスも子供には与えないこと。
    これは、外向的な者と内向的な者の心の声だ。


    〜 一般の学校の風景 〜

    雷神「学校では知能テストの結果は教えません。(頭の悪い人にはある程度までしかできないのです。ある程度は諦めて下さい。)」
     and(or) 風神
     and(or) 魔人
     and(or)家庭の問題
    ※雷神、風神、魔神:大人達が子供達に与える様々なストレス
     
    ↓ (攻撃)

    ヤンチャ系(外向的人)「ちくしょー!!!ムカつくぜー!!!!」
    控え目系(内向的人)「はぁ〜〜↓僕ってダメなヤツなんだなぁ〜〜↓はぁ〜↓」



    ヤンチャ系「なんか、お前を見てるといつも、イジイジしていてムカつくんだよなぁ〜〜〜〜!!!オラーーッ!」

    ↓ (攻撃)

    控え目系「やめて!やめてよ!痛いよ〜〜↓やめて!」



    控え目系「先生!○○君にやられてるんです。助けて下さい!」



    雷神「まさか。そんなの出鱈目だろ?でも、わかった。注意しておきます。」



    雷神「コラ!!!また、悪さをしやがって!!!お前は人の痛みがわからないのか?酷いヤツだ!!最低だ!!お前は人間のクズだ!!!バカもの!!!!!!!」



    ヤンチャ系「・・・・・・。」



    ヤンチャ系「お前、チクッただろ?あれほどチクるなと言っておいたのに。オラオラオラーーーーーーッ!!!」



    控え目系「やめて!!!やめてよ!!!!!やめて!!!!!!!」

    ↓ (学校を卒業して、数年後)

    元ヤンチャ系「あのときは悪かったな。」
    元控え目系「しかたないよ。子供だったんだから。」

    ↓ (雷神化)

    雷神(元ヤンチャ系・元控え目系)「コラ!!!イジメをするな!!バカもの!!!!!恥ずかしくないのか!!!!!!!」



    ヤンチャ系「ちくしょーーー!!!!ムカつくぜ!!!!オラーーーーーーッ!!!!!!」



    控え目系「やめて!!!やめてよ!!!!やめて!!!!!」

    ↓ (無限ループ∞)



    | 匿名 | 2017/06/08 8:22 PM |
    コメントありがとうございます。
    競争社会、格差社会を前提とした「大人の流儀」を子どもに押し付けることの異常性に、いいかげん大人たちが気が付いて然るべきと思います。
    逆に言えば、それを差し置いてカウンセリングも何も無いでしょう。
    | 青少年の味方の人 | 2017/06/08 10:42 PM |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>