青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 考えない! | main | 「悩み、苦しみ、迷い」について >>
霊層段階と結果現象の因果関係
0
    以前に「霊層が上がれば霊界で宿命因縁(=良い因縁)が発動し、現界に良い結果をもたらす」というお話をしましたが、「霊層」が下がる、もしくは低いままの状態だと、これと逆の事が起こります。即ち「悪い因縁にも相応の発動段階がある」ということです。但し「仏の顔も三度」とか「三度目の正直」とかという言葉も有るように、事前に(向上を促すための)警告的な出来事が必ずあるものと思って良いでしょう。何故なら、徳を積んで向上し、自らの「悪因縁」を浄化する事も、人間がわざわざこの世に生まれてきた目的のひとつだからです。それが全く何の前触れも無くいきなり致命傷を負わされては「立つ瀬も無い」でしょう。
    しかし、そのような警告を心ならずも無視するようなことになると、当然「然るべきタイミング」で「悪因縁」が発動します。そのタイミングとは、往々にして「弱り目に祟り目」という言葉で表されるような「致命的」なタイミングであって、それがその人間の「今世に於けるすべての心と行いの結果」となります。この時点で「心を入れ替えよう」としても多分手遅れで、それをするなら少なくとも前段階の「警告」の時点で行うべきだと思います。「警告」と言っても否応無くそれと解るぐらい十分ハードなはずなので。

    ところで賢明な皆さんは既にお気付きかと思われますが、「霊界」では物事の因果について語る際に「誰のせい、彼のせい、何のせい、かんのせい」という概念は一切存在しません。「霊層の上がり下がり」も「因縁の発動」も、自らに関わる「結果現象」の要因の全ては「自らの内的努力」によってのみコントロールされるべきものであり、他者による手出しが出來ないものとされています。
    しかし打って変わって現界では、とかく物事を他人のせいにしたり、被害者意識に凝り固まって見たり、どうしようもないこととして投げやりになったり、とにかく「霊界とは正反対の概念」が横行しています。これは物事の因果関係を「物質的な関係」として捉えようとするからです。しかし、どんなに健康に気を使っていても、寿命が来れば人は死ぬでしょうし、どんなに事故に気を使っていても「事故に遭う人」は遭うでしょう。それはつまり、精神的であろうと物質的であろうと「因果関係は霊的に自らの内面が保有するもの」だからです。
    しかもこれは私たちにとっては「朗報、吉報」です。何故なら、これは「自分次第で自分を如何様にも出来る」という確信に繋がる話だからです。
    | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 12:52 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>