青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 「悩み、苦しみ、迷い」について | main | 「人間性」とは何か? >>
5秒で解る!
0
    少し前の記事で「考えない!」という記事を書きました。しかし私の場合、一回分の記事を書き上げるのに毎回2〜4時間を費やしています。これはいったい何をしているのかと言えば、別に「書くことを考えている」訳ではないのです。書く内容を列挙するだけなら、それこそ「5秒もあれば十分」だと思います。何故なら、それは心に格納されているイメージ(=絵図面)を見て、そこに描かれているものを挙げ連ねるだけの作業と言って良いからです。確かに「自分が理解や確認をするための作業」であれば、「絵を見た瞬間に受ける印象」が全てとなり、時間は必要としません。
    しかし、「自らの内面に在る思想や智慧」というイメージ(=絵)を、文字や言葉で(相手に)正確に伝えることの難しさは「百聞は一見に如(し)かず」の言葉も在る如く、筆舌に尽くし難いものがあるように思います。その証拠に多くの場合、人は相手の話に対して「自分の中に在るそれらしき?イメージを持ち出し、それに被せて」納得しようとしますが、自分の中に「類似のイメージ」が存在しない場合は、すぐにその場で「新しいイメージを作る」ことが中々出来ません。

    ですから、マンツーマンという好条件の下で直(じか)にお話をするにしても「2時間たっぷり」は必要で、その間同じことを10回以上繰り返しお話することは良く有ることですし、当然先方も同じ質問、同じ主張をそれ以上に繰り返しますが、私はそれが「相手と心を通わせるための生きた努力」だと思っています。
    しかし、一方通行である「文章」に於いて、同じことを10回も繰り返す訳には行きませんし、相手の反応に応じて「言葉を選ぶ」訳にも行きません。つまり最初から「イメージ(=絵)を少しでも的確に伝えるべく可能な限り言葉と構成を吟味」して掛からなければ、「文章に責任を負う」ことなど到底出來ないと考えざるを得ず、そのため「自分の中の5秒間」を毎回「4時間」掛けて文章にしているということです。ですから「考える」というよりは、一から「作文の経験値」を積んでいるといった方が良いかも知れないと、自分では思っています。

    ということで一所懸命がんばりますので、よろしかったら今後共お付き合い下さいますよう。
    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 09:38 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>