青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< システムが悪いのか、運用法が悪いのか? | main | 神も仏も無いもんだ! >>
2年続きの「1月1日の記事」について
0

    当ブログはご承知の如く、アクセス数を増やす事や皆さんの同意同調を得ようとする意図を以って発信されている訳では有りません。ただ霊界をも含む広義の意味に於ける私たちの世界は100%完全な「論理的構造物」であって、その性質上「非論理的な物事」が通用しない仕組みになっているという「最も基本的な理解」から多くの人々が余りにもかけ離れてしまった現状を鑑み、論理に基づいた大きな流れの中で、今自分がどこにいて、どちら(の方向)を目指すべきかといった「自発的イメージ」を構築する際の一助となればとは思っています。無論、それは霊界の本意でも有ります。

     

    ところで2016年の1月1日には「今年は変動、変化の年」と書きました。そしてその理由として「2015年にその種が蒔かれたから」としました。これは更に正確に言えば「霊界に変動、変化をもたらす因が生じているから」となりますが、そう書いたところで本意が伝わりにくいと思われたため、別の表現が用いられたに過ぎません。

    このように、霊界では必ず現界(この世)に先行して「因が生起」しているものなのです。(それは人の死も同じですが、他人のそれを明かす事はこの世のタブーです。)

    そして2015年中に霊界で生起した因に基づく形で(現界に)結果現象を見た2016年中の「変動、変化」は、同時に霊界にフィードバックされ、それを元に今度は2017年に向けられた因が生成されることになります。それが2017年1月1日の記事の「瓦解、崩壊の年」ということです。

     

    これはもちろん2017年の特徴的な部分を言い表したもので、「建設的な要素」が全く無いという意味では有りません。しかし私たち人間にとって最も重要なことは、身に起きた事柄によって「論理的な理解」にいち早く到達する事に違い有りません。何故ならそれによって「次にどうすれば良いか」が正確に判るからです。

    そのためには(不謹慎な言い方かも知れませんが)幾つかの要素が集中的に示される方が、より迅速な理解に通じやすいということがあるかも知れませんが、何れにしてもそのタイミングについては、到底私たちの計り知れるものではないでしょう。また「人の死」の場合と同じ様に「いつなんどきどこで何が」という様な話がタブーであることは当然です。

     

    何より私たちは今般の「瓦解、崩壊」と言えども、その先のより良い社会の「建設」に向けた過程であることを確信する必要が有ります。何故なら、正しい理解に裏付けられた「展望」こそが、私たちの支えであり、力となるからです。

    | 青少年の味方の人 | 霊的考察 | 11:00 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>