青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 真っ当な人々の地道な活動が始まっている | main | 世の中には二通りの人がいる >>
真っ当な人々は「希望的観測」をしていない
0

    一昨日もまた「今村復興相の激昂問題」で、「自主避難者は自己責任」などのトンデモ発言が飛び出すなど、現政権及び現役閣僚に対する国民の不信感は募る一方と思われる。

    関連記事の外部リンク→ http://lite-ra.com/2017/04/post-3051.html

     

    これらの真実が露呈するのは、一重に(昨日の記事にもあるように)真っ当な人々の地道な活動有っての賜物と思う次第だが、それではその「真っ当な人々」は希望的観測のもとに明るい展望を描いているのかと言うと、必ずしもそうとは言えない様だ。中には(冷静に分析した上で)「現状は既に末期的様相を呈しており、社会の致命的崩壊は避けられない」と判断する向きもある。つまり平たく言えば「もうだめだ、間に合わない!」という話である。

     

    例えば「声を大にして正論を唱えたからと言って、必ず(望んだ)結果が付いてくるとも限らない」という事は、確かにあるだろうし、そればかりか(現状の如く客観的には)「もはや手遅れか」と思いつつも、結果的に終始一貫した行動を取り続ける場合もある。それはどうしてだろう。そして何のためだろうか。

     

    そこには何の理屈も無い、単に「自らの人間性に従う」という行動原理が在るのみである。それは本当に「損とか得とか」「上手く行くとか行かないとか」といった話とは無縁で、ただ「人間性を貶(おとし)めてはならない」という一念に尽きる。故に行動自体が「結果に左右されない」のだ。

     

    「何故そんなことをする?」「何故それがいいのだ?」

    答えは簡単だ。「人間性に従うこと」こそが、この世で唯一「間違いなく自分にも良い、人にも良い選択肢」であることを知っているからだ。

     

    そう思えない人は「物の見方を知らない人」と、敢えて断言出来ます。

    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 15:35 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>