青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 私たちは当たり前の世界に戻ります。 | main | 私たちはいつも「何かに加担」している。 >>
自民党は終わった。国会で究極の暴挙!
0

    国会の場において何を以って「究極の暴挙」とするか。それは「議会制民主主義」の根幹を踏みにじる事に他ならない。例えばあの手この手のからめ手を使い、のらりくらりと言い逃れに終始し、詭弁を弄してけむにまくと言うのなら(たちは悪いが)まだいい方だが、今回は違う。衆院厚生労働委員会の場で自民党の丹羽英樹委員長自らが、森友学園問題に関する野党議員からの質問を「議題に関係の無い質疑」として一蹴し、答弁を求められた安倍総理の逆ギレに露骨に加担したばかりか、何を思ったかその日の予定には無かった法案の強行採決という暴挙にまで及んでしまったのだ。これは「議会制民主主義」が既に政権与党である「自民党」によって破壊されてしまった事を意味している。

    関連記事(外部リンク)はこちら→ http://lite-ra.com/2017/04/post-3071.html

     

    独裁政権を望むならば別だが、あくまでも「国民主権」「民主主義」が良いのならば、今すぐ安倍政権と自民党(及びその補完勢力)を政権の座から引きずり下ろすしかないだろう。

    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 08:27 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>