青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 「北朝鮮問題」の当事者は誰か? | main | 今村復興相が辞任したは良いが >>
今日も朝から「朝鮮半島有事」ですか?
0

    相変わらず米国も日本政府もテレビ報道も、あたかも今起こっている(とされている)事が「自然の成り行きとして不可避」であるかの論調ですが、まったく何をかいわんやです。

    国連決議云々にしても、国連自体が常任理事国の実態を鑑みるまでもなく、第二次大戦の戦勝国を主体とした「差別意識」が未だに反映されている組織でしかないことは事実で、百歩譲ってその事を抜きにしても、そもそもアメリカが武力行使に踏み切るための「レッドライン」なるものを一方的に想定したのも「アメリカの独断」に相違無く、その強硬姿勢を「全面的に支持する」などと、ろくな展望も持てずに追従したのは他ならぬ安倍晋三率いる「日本政府」です。

    このことからも安倍晋三の頭の中には「原発事故」と同じように、「戦争を真剣に回避しようとの殊勝な心積もりは皆無」であることが判ります。また悪いことに大半の日本人は、政府と財界、マスコミが一丸となった「悪辣なマインドコントロール」によって作り出されたバーチャルな世界観の中で生かされており、まったく現実感を感じることが出来ずにテレビのインタビューで「ハア、なんか・・コワいですよネ〜」「こんなんで戦争になっちゃうの?って感じですよネ〜」などと、まるで夢でも見ているような顔して答えています。

     

    自分の国の政府が「北朝鮮に対する(米国による)先制攻撃を肯定している」事に対して、国民としてそれを「容認」していながら今更「エーッ?まさか〜」は無いでしょう!国として「他国に対する武力行使」を肯定してしまえば、その時点で「自分たちがミサイルのターゲット」にされるのは、これ以上無いほど当たり前のことではないですか。(他国に攻撃の意思を持つ諸外国はみなそうでしょう。)

    それが嫌なら「立憲主義」に基づき、憲法改正(=改悪)を公言して止まない現政権を「みんなして政権の座から引きずり下ろす」しかないでしょう。(夢見心地でボヤ〜っとして漫然と生きていられる時代はとっくに終わっているのです。現実に立ち返りましょう!)

    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 10:50 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>