青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 今日も朝から「朝鮮半島有事」ですか? | main | 自民党の二階幹事長発狂で前後不覚か? >>
今村復興相が辞任したは良いが
0

    議員は辞めない。大臣どころか国会議員としての資質(=権利、資格)すら持ち合わせていないことが、その言動からも明らかなのに。(いいね、好きだね、こういう解りやすい人。)まるで金魚の水槽にこびり付いた「青ゴケ」みたいだが、現政権に於いてはこのところ特段珍しい事とは言えなくなっており「今村さん、やっぱりアンタもか!」と言った具合に恥ずかしげも無く議員の座に居座る事は、もはやワンパターン化している。

     

    その元凶は「安倍総理」その人に他ならない。今回もワンパターン化した例の「任命責任はまさに総理大臣である私にございますので、こうした結果となりましたことに対しまして、おわびを申し上げたいと思います」との事だが、そうした言葉自体が常に「お詫びしたいという希望」を述べているだけで、実に軽い。だから単にその場を取り繕う以外の何の意味も持たず、事実、似たようなことが何度でも起きる。そういうことから見ても、実質的な何のお詫びも為されず、「任命責任」などと言葉はしても、その責任が果たされた試しすら無いと言える。

     

    それに最近の自民党自らの「気の緩み」という言葉の真意は、「驕り高ぶる余り、腹の底では自民党が国民をバカにし切っている事を包み隠しておられないほどに気が緩んでいる。」という意味であって、間違っても「(気の緩みで)油断が生じて誠心誠意国民に尽くし切れていない」という殊勝な心掛けであるはずもない。

     

    そんなの誰だって見ればわかる。

    | 青少年の味方の人 | 大人向けの大事なお話 | 14:49 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>