青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 霊界の存在を認めるとどうなるか | main | 自然との関わり方で「人間性」が判る? >>
問いに対する答えは自然環境に在る
0

    人間がこの世の構造的理解として「霊界の存在」を認めるか否かは、人間が「自分の心の存在」を認めるか否かと、ほぼ同レベルの話と見て良いでしょう。もし内外の刺激(=情報)に対する生物的反応形態としての意識とは別に「人の心」の存在をも認めるというなら、既にその人は「霊界の存在」を否定する理由を持ち得ません。何故ならそれらは共に「目に見えず、自分の意識で自由に制御出来る代物ではない」からです。

    このことは非常に重要で、私たちの人生観を確実に左右する問題であって、故にそれについて私たちは早急に態度を決する必要が有ると思われます。(ものの1分も有れば答えは出せるでしょう!)

     

    そこで次に、この「霊界」なるものが私たちにとって「善意」として働くものであるのか、それとも「悪意」として作用するものであるのか見極める必要が有るかも知れません。何故なら「霊界の存在」を認める、受け入れるという事は、自ずと「霊界の意向に従う」ことを意味するからです。つまりそれは私たち人間がイメージする「自由(または勝手気まま?)」を制約されてまで、それに付き従う価値を感じる事が出来るか否かという問題です。(価値を認めないものを受け入れる事など、誰にも出来ないはずです。)

    果たして「霊界」が私たちに示している「価値」とはどのようなもので、私たちはそれを感じて受け入れる事が出来るのでしょうか。

     

    実はその答えは、私たちの身の回りの「自然環境」の全てに在ると言うことが出来ます。それらは「人間そのものと、人間が作ったり人間の手が加えられたもの以外の全て」と言えます。しかし何故この「ありのままの自然」が「霊界の意思、意向」を指し示している事になるのでしょうか。

    それは一つには、それらの自然環境を現存させる為に、どれだけの叡智と歳月と手間が掛かっているかを想像、と言って悪ければ検証して見れば解ることです。

    そして二つ目には、これら自然環境には一貫したテーマが見事に描き出されているということです。そこではバランス、調和、共存、共生、連携など全体として非常に高度な営みが日夜行われていて、それによって緻密な自然環境が保たれています。

    三つ目には、そうした「自然環境」を人間が何と感じ、受け止め、そして現実にどういう意味合いと認識しているのか、ということがあります。確かに「自然」は脅威と感じられる面もありますが、全体として私たちはそれらを「美しい」と感じ「必要」と思い、「大自然の恵み」という言葉に表される如く、人間の生存に不可欠のものであることは間違い有りません。

     

    「自然」というものは、知れば知るほどそれが考え抜かれた緻密で巧妙な仕組みに支えられた「創造物」であることが解ります。そしてもしそれが「霊界の意思、意向」であるのなら、いったいどこをどう解釈すれば私たちがそこに「人間に対する悪意」を見出すことが出来ると言うのでしょう?

    | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 10:35 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>