青少年の何でも書き込み寺 (大人も可)

世の中や生き方についての疑問、質問など、何でも受け付けます。コメント欄(Comments)に書き込んでください。

ただ言いたいこと、書きたいことを書くだけでもOKです。(その場合は「コメント不要」と書き加えてください。)

当然ですが、法に触れるようなことは公表できません。また、他人の実名入りなども同様です。
そのような内容はメールでお願いいたします。(プロフィールにあります。)

なお、本名での書き込みはプライバシー保護のためお勧めしません。(ハンドルネームなどご利用ください。)

※当サイトは基本的にリンクフリーですが、貼り付け先等ご一報頂ければ幸いです。
<< 神は悪魔よりも恐ろしい | main | 「自由」の概念(自由とは何か) >>
神は「現行犯逮捕」する
0

    正確には「神が人間を逮捕する」というのは正しい表現では有りませんが、あくまでも人間側の持つイメージからすると、そうなるという事で、実際には「神の定めた立法」に基づいたシステムの働きにより、100%整合性のある結果が示されることになります。

    その際、人間の目で「結果にばらつきがある」ように見えることがあったとしても、それは個々の人間が携えている何百という因縁の違いによって生ずる差異であって、それらを全て抱合した上で示される結果の正確さに於いては、凡そ「人智を超えた次元」であり、疑う余地も有りません。

    ですからその意味に於いては、そもそも私たち人間が「他人の結果を正確に理解する」ことは困難と言えますが、そうであれば尚更、本人が冷静になって、自らの身にもたらされた結果の意味を正しく理解することが是が非でも必要です。(そうしなければ明日は有りません。)

    つまり「結果をよく見て理解し、自らを立て直す」こと。それが人間が今すぐやるべきことです。

     

    ところで「現行犯逮捕」の意味するところは、文字通り「思っただけではやった事にならない」「疑わしいだけでは処罰の対象にならない」ということで、人間社会の現行法では当たり前の話で有り、考え方ですが、霊的には必ずしもそうとは言えません。むしろ「(悪い事は)思っただけでやったと同じ」というのが一般的です。何故なら霊的には「悪い思想は霊魂を確実に穢し、霊魂を穢す事こそが何よりも罪」とされるからです。

    そのため霊層段階が上がるに連れて、霊魂に対するある種の「保護回路」として、軽はずみな言動や思い違い、考え違いに対する「戒め」や「引き締め」が内部的に強化され、「気が重くなる」「胸が苦しくなる」などの結果が反射的にもたらされるようになります。それは謂わば「予備逮捕」とも言える現象で、それによって「本当の悪い結果」を未然に回避することが出来る訳です。

     

    しかし現状では、残念ながら保護回路が正常に働くほどの霊層段階に達している人の方が少数派と言わざるを得ず、多くの人たちが「現行犯逮捕」の対象となっています。つまり「目にもの見せられるまで気付かない」人たちということです。(中には「それでも気付かない」という人もだいぶ混じっています。)

    その人たちはまず、(因縁に基づいて)そのような人たちが集まる界隈に自然に引き寄せられます。そしてその中で「泳がされ」ます。その間に悪い因縁の濃密度を更に増すこととなり、そして遂には条件が整い、(自分自身に負けて)「犯行」に及び、そこで筋書き通りの「現行犯逮捕」となります。

    誤解の無いように言っておきますが、これは神がその結果を望んでいるということでは決して無く、抜けようと思えばいつでも、どの時点でも抜け出せる(回避出来る)のを、本人がそうしないだけの話だということです。

     

    話は変わりますが、昨今の世情から窺い知るに付き、「人間の堕落の温床は組織だ」とつくづく思います。人間は社会的な生きものですからして「組織に依存」するのは仕方がないと言ってしまえば身も蓋も有りませんが、それにしても「組織丸ごと堕ちて行く」というケースがあまりにも多く、逆に「個人」という単体としての価値の低さ、不甲斐なさに呆れ果てるばかりです。そういう人間に限って最後には泣き言を言うのでしょうが、今更救いようも有りません。(NHK職員諸氏、警告しましたので)

     

    どうせ通じないとは思いますが、そういう「組織命の人たち」の為に、これだけは言っておきます。

    神は組織(という容れ物)なんか実はどうでもよく、神が問題にしているのは常に「個人の価値」のみだということです。

    | 青少年の味方の人 | 証明出来ない?大事なお話 | 08:51 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>